「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!朝食にカヌレ・ド・ボルドー!高級カヌレ?庶民派カヌレ?」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

カヌレ・ド・ボルドーの味わいを楽しむ

昨日は、メドック地区のシャトーをめぐる

半日ツアーに参加した。

個人旅行ではなかなか体験できないもの。

苦手なツアーに参加して大満足!

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

そしてこの日は、とうとうボルドーを去る日だ。

 

朝食はホテルのお部屋でのんびりと。

前日に買っておいた、カヌレとマカロン

f:id:ariruariru:20191130224837j:plain

カヌレボルドーが発祥と言われるフランス伝統菓子だ。

正式名をカヌレ・ド・ボルドーという。

ボルドー女子修道院で古くから作られていたお菓子。

 
その昔、ボルドーではワイン生産のために、

ワインの澱を取り除く卵白を大量に使用していた。

そのために残った卵黄の利用法として考え出されたそうだ。

 

 カヌレって、日本ではあまり食べないのだけど、

今回の旅でカヌレの美味しさにびっくりした!

ボルドーで有名なカヌレ屋さんは2軒。

どちらのお店も赤色で、最初は同じお店かと思ったけど、

味も雰囲気もお値段も、まったく違う!

 

高級感漂うカヌレか?庶民派のカヌレか?

上の朝食のものは、こちらのお店のもの。

高級感漂うカヌレ専門店。「CANELÉ BAILLARDRAN」 

f:id:ariruariru:20191130224919j:plain

店舗や店員さんの雰囲気も高級店!って感じ。

 

そしてもう一つのお店は、庶民派の「La Toque Cuivrée」 

f:id:ariruariru:20191130225027j:plain

こちらは地元のカヌレ屋さんという感じ。

 

この2つのお店がボルドーの街で

バチバチのライバル争いをしているようだ。

(たぶん……)

私も両方のお店のものを買って、

朝食として食べ比べをしてみた。

 

どちらが美味しいかと聞かれれば

どちらが美味しいかと聞かれれば、

どちらもめちゃめちゃ美味しい!

 

お値段は、高級感漂う「BAILLARDRAN」のものが、

 「La Toque Cuivrée」のものの4倍ほどする。

毎日食べるなら「La Toque Cuivrée」かな。

素朴で飽きのこない味だ。

一方、「BAILLARDRAN」のものは、

しっかりとした味わいで香りがとても強く、

食べ応えがある。

 

こちらは別の日の朝食。

「La Toque Cuivrée」のカヌレ

f:id:ariruariru:20191202221931j:plain

外側はカリカリで、中はモチモチ。

もう完全にカヌレの美味しさにはまってしまった。

 

実は日本に帰国してからもカヌレが恋しくなって、

日本では有名なカヌレ屋さんなどで買ってみた。

あぁ、でもやっぱり……。

ボルドーカヌレがますます恋しくなってしまうのだった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ