「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーで楽しむメドックのシャトーめぐり!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

ワインの街ボルドー!どうやってワインを楽しもう?

午前中にボルドーの街歩きを楽しんだこの日。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

午後には、楽しみな予定が入っている。

まずはボルドーの中心地であるコメディ広場へ。

美しいこの建物は大劇場だ。

f:id:ariruariru:20191128220554j:plain

コメディ広場と、カンコンス広場の間に位置する観光案内所へ。

ボルドーらしいこんな建物の中に観光案内所が入っている。

ボルドーの街は、優美な建物が並んでいる。

f:id:ariruariru:20191128220612j:plain

この日のお楽しみ。

この日の午後は、「ボルドーのシャトー半日ツアー」に

申し込んでいるのだ。観光案内所が待ち合わせ場所。

 

「Ophorus」という会社のツアーをネットで申し込んでおいた。

英語での案内、試飲付きというプランだ。

13:50の待ち合わせ。観光案内所周辺には、

さまざまな会社のさまざまなツアーに参加する人が集まっていて、

ちゃんと申し込んだツアーを見つけられるかちょっと不安…。

 

入り口付近で待つこと15分ほど。

ようやく案内の係員が声掛けを始めて、

何種類かあるツアーのうち、

ちゃんと自分たちのものを発見できて一安心。

 

苦手なツアーに申し込んだ理由は?

何を隠そう、ツアーがとても苦手な私。

いつもわがまま気ままな旅をしているからか、

いろんなものに縛られる「ツアー」はいい思い出がない。

旅での集団行動は苦手。。。

もっとあっちを見たい!とか、

私はここをじっくり見たい!とか、

時間も空間も制限されて、

「自分の旅」ではなくなってしまう気がするから。

 

でもボルドーに来たのだから、

やっぱりシャトーの見学はしてみたかった。

でも個人旅行ではなかなか難しい。

公共交通機関でまわるのは不可能に近かった。

 

半日ツアーなら、なんとかなるか…という気持ちで参加。

ツアーはこんな感じの車で。

f:id:ariruariru:20191128221811j:plain

アメリカから、シンガポールから、

イギリスからの人たちと一緒のツアーだった。

 

ボルドーメドック!シャトーめぐりへ

ボルドーはワインの街だ。

ボルドーは、11万ヘクタールのブドウ畑をようする

世界最大のワイン生産地。

そんなボルドーワインの中でも知られるメドック地区。

 

今回申し込んだツアーは、そんなメドックのシャトーを

2カ所めぐるというものなのだ。

さまざまなタイプのツアーが催行されている。

一日かけてめぐるもの、食事つきのもの、

きまったシャトーをめぐるもの、メドック

サンテミリオンの両方をめぐるものなど。

 

そんな中からいろいろ悩んでツアーを選んだ。

まず、条件的には、あまり人数の多いツアーではないこと。

プライベートな雰囲気でシャトー見学がしたかったから。

拘束時間が比較的短いもの。

いくつかのホテルでツアー参加者をピックアップするもの

などは、それに時間を要するので、観光案内所に集合する

タイプのものを選んだ。

 

さていよいよ、陽気なイタリア系の運転手兼ガイドさんと一緒に出発!

まずはメドック地区へ向かって、車で40分ほど移動。

車中では、各々の自己紹介や車窓からの案内などがあった。

 

まずは「シャトー・ドーザック」というシャトーへ到着。

f:id:ariruariru:20191128220626j:plain

「シャトー」という呼び名がにふさわしい、

お城みたいにきれいな建物。

f:id:ariruariru:20191128220714j:plain

広大な敷地は、シャトー見学というよりは、

ピクニックにでも来たような気分だ。

f:id:ariruariru:20191128220725j:plain

さて、シャトーの内部の見学へ。

とっても近代的!清潔感にあふれている。

f:id:ariruariru:20191128220745j:plain

f:id:ariruariru:20191128220804j:plain

ヒンヤリした空気の中に、さまざまな香りが漂う。

f:id:ariruariru:20191128220830j:plain

 

自分らしい旅をするために

最後に試飲をさせてもらって、大満足!

f:id:ariruariru:20191128220851j:plain

参加してみて感じたこと。

やっぱり個人では、なかなか訪れるのが難しかったな。

ツアーに参加して良かった。

英語の説明は理解するのがちょっと厳しかったけど。

私の英語力の低下やら、フランス人のフランス訛りの英語やら、

さまざまな要因が絡み合って……。

 

しかしながら、あらためて感じたのは、

旅のプランを決める時は、全体のバランスが大事。

限られた時間や予算や体力の中で、

自分らしく旅をするためには、

いろんな方法を比較検討するべきだ。

ツアーだって、いいとこあるよね。

「ツアーに参加して今回は成功だった!」と思いながら

試飲のワインをおいしくいただいた。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ