「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!快適旅への第一歩!旅先のスーパーを使いこなす<ボルドー>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

旅先でまず探すのは、スーパーマーケット!

旅先では、現地のスーパーを使いこなせるかどうかが

快適な旅の第一歩といっても過言ではない。

私の旅はいつも滞在型で、同じ都市に何泊もする。

 

そして、そんなに贅沢な旅はしない。

だって、まるで暮らしているように旅するのが目標だから。

かと言って、めちゃめちゃ貧乏旅でもない。

 

というわけで(?)、私の旅にはスーパーの存在が

必要不可欠なのであった。

 

フランスでよくお世話になるのは、モノプリというスーパー。

f:id:ariruariru:20191126234543j:plain

どこにでもあるので入りやすくて品ぞろえも豊富だ。

私は、モノプリで売られているものの価格を見て、

それをフランスでの物価の基準と思っている。

例えば、モノプリよりも水を高く売っているスーパーを

見つけたら、ここは高いなという具合に。

 

スーパーで一番買うのは水。滞在期間に合わせて

2リットルのサイズを買ったりする。

それ以外に生活必需品を買うこともあるし、

(長期滞在の時は歯磨き粉を買ったこともあるし、

イタリアの夏に蚊取り線香を買ったことも。)

旅先で食べるお菓子、ワイン、さまざまなお土産など、

ありとあらゆるものを買っている。

 

スーパーマーケットって素晴らしい!

旅先で出会うスーパーが素晴らしい点。

特にフランスのような食べ物の美味しい国では、

スーパーのお惣菜などもクオリティも高いこと。

 

ボルドーのモノプリにも、見るからに美味しいそうなものが

ショーケースにずらりと並んでいた。

f:id:ariruariru:20191126234419j:plain

f:id:ariruariru:20191126234436j:plain

f:id:ariruariru:20191126234506j:plain

フランスは言わずと知れた美食の国だ。

ただ、連日レストランで外食を続けていると、

だんだんいろいろと疲れてくるものだ。

 

まず、基本的に日本人にとっては量が多すぎる。

そして、ついついワインも飲んでしまうので

さらに胃腸が疲れてくる。

そして金銭的にも疲れてくる。

ヨーロッパでは、日本に比べると外食にお金がかかる。

 

スーパーのお惣菜を侮るなかれ!

というわけで、ボルドー滞在中のある日の夕食。

モノプリのお惣菜シリーズ!

f:id:ariruariru:20191126234933j:plain

きゅうりのサラダもタコのマリネも、

もちろんキッシュも、どれもしっかりした味つけで

レストラン顔負けだ。そしてうれしいことにリーズナブル!

 

長い滞在ができる旅では、こんな感じでスーパーの

お惣菜の食事を1つはさむと、胃腸も休めるし、

ホテルでゆっくり寛ぎながら過ごすことができる。

シメのコーヒーもホテルのお部屋で。

f:id:ariruariru:20191127002304j:plain

(窓の向こうはボルドーの駅舎。素晴らしい立地!)

ariruariru.hatenablog.com

 

宝探しみたい!時間さえあれば絶対に行きたい!

ちなみにスーパーでは、いろんな発見も楽しめる。

モノプリの冷蔵コーナーで見つけたのはこちら。

「スリミ」という商品。

f:id:ariruariru:20191126234733j:plain

近年、ヨーロッパで大ブレーク中の「かにかま」だ。

どんどん種類も増殖している模様。

f:id:ariruariru:20191126234739j:plain

スーパーは食文化を知ることもできるし、

その国の物価も、どこの国からの輸入品が多いとか、

日本の食材がどんな風にラインナップされているとか、

興味深いことを知るチャンスが転がっている場所。

 

ボルドーのモノプリで、たっぷり1時間ほど楽しんだ私たち。

馴染みのスーパーができたら、急に住んでる気分になれるから不思議だ。

 

「帰りにスーパーに寄ってから家に帰ろう」

ホテルを「家」と言い間違え始めたら、

自分らしい旅ができているんだなと確信する。

ボルドーの滞在もそんな感じになってきた。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ