「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉の世界」に興味あり。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!スーパーの食材で簡単朝ごはんの後は、ビルバオの世界遺産ビスカヤ橋へ」

日々いろいろ悩みながら、今日も旅の復習をしています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

「エル・コルテ・イングレス」の食材で朝ごはん!

旅の最終目的地ビルバオで2泊。

到着した翌日は、ホテルの部屋で簡単な朝食を。

 

ホテルは「イルニオン・ビルバオ

f:id:ariruariru:20200322212945j:plain

      ↑

 ホテルの予約はだいたいbooking.com

 

前日、「エル・コルテ・イングレス」で購入しておいた朝食。

パンとオムレツとポテトサラダ、ヨーグルト。

そしてフランスで購入してからずっと飲んでいるコーヒー。

f:id:ariruariru:20200326085923j:plain

これでサンドイッチをつくって簡単朝ごはん。

想像以上に美味しい!

「エル・コルテ・イングレス」のお惣菜には

結構何度もお世話になっているけど、いつも美味しい。

 

「エル・コルテ・イングレス」とは、スペインの各地にある

デパートのこと。だいたい中にスーパーが入っているので

スペインの旅ではよくお世話になるお店だ。

 

前日の街歩きの時、地下鉄「アバンド」駅の近くにある

「エル・コルテ・イングレス」を見つけた。

www.elcorteingles.es

 今まで訪れたことのある「エル・コルテ・イングレス」は

だいたい地下にスーパーがあったけど、このお店は

上層階にスーパーがあって、とても混んでいた。

閉店間際の売り切れ寸前のお惣菜を購入。

クオリティーがとっても高い。

 

かつてのスペイン旅でも、何度もお世話になりました。

この時は一人旅だったのでなおさら。

    ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

ビルバオ世界遺産ビスカヤ橋へ! 

この日の朝から訪れたのは、ビルバオ世界遺産

ビスカヤ橋」だ。

f:id:ariruariru:20200326090007j:plain

 ビスカヤ橋とは、世界最古の運搬橋。

全長約160mのちょっと特殊な橋だ。

ビルバオ川の河口にある二つの町をつなぐ橋。

川の向こうに見える美しい町が「ポルトゥガレテ」。

f:id:ariruariru:20200326090019j:plain

ホテルの最寄り駅地下鉄サン・マメスから乗り換えなしで

「Areeta」という「ゲチョ」の街へ。

※地下鉄は途中で2本に分かれるので、目的地は要確認。

ただしどちらに乗ってもビスカヤ橋方面には行ける。

 

ビスカヤ橋は、エッフェル塔で知られる

設計士エッフェルの弟子の一人が設計した橋。

1893年に完成したもので、大きなゴンドラが

橋から吊り下げられ、行ったり来たりする様は

見たことのない光景だ。

f:id:ariruariru:20200326090037j:plain

こちらがゴンドラが発着する駅のようなもの?

観光客はもちろんのこと、今でも地元の足として使われている。

f:id:ariruariru:20200326090149j:plain

ビルバオは元々港湾都市として栄えた。

このビルバオ川の河口も重要な拠点。

この橋の下を、大きな貨物船がひっきりなしに通過した時代も。

そのために考え出された設計がこの吊り下げゴンドラ式だったのだ。

 

港湾都市ビルバオの入り口をのぞむ

現在は観光客のために、橋げたの上を歩くことができる。

高所恐怖症でなかったらぜひに行きたい場所。

 

さっそく橋のたもとにある案内所でチケットを購入。

8€で橋げたの上までエレベーターで上がることができ、

同じチケットで片道ゴンドラの乗ることができる。

f:id:ariruariru:20200326090200j:plain

数段の階段を上がるだけで、橋がぐっと近く感じる。

それにしても、寒い……。

f:id:ariruariru:20200326090212j:plain

穏やかなビルバオ川の河口。

f:id:ariruariru:20200326090226j:plain

美しい対岸の街並み。ちょっと曇っているのも

バスクらしいと思える。

f:id:ariruariru:20200326090252j:plain

ゴンドラがやってくる。

f:id:ariruariru:20200326090324j:plain

お、車がたくさんのっている。

f:id:ariruariru:20200326090335j:plain

さて、しばらくするとエレベーターで橋げたへ。

世界遺産を満喫するぞ。

 

 街の情報も満載。バスクの旅のお供におススメです。

       ↓


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ