「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

≒(ニアリーイコール)を楽しむ言葉の世界「フランスで出会う、フランス語で出会う。曜日と神様が出会った時」

自分の心を鎮めながら、今日は言葉のお話を書きます。

 

目次

初めての「旅」はフランスへ

学生時代、アメリカやカナダに短期留学した経験がある。

それは、英語を学ぶことが主目的だった。

海外経験と言えば、もちろんその留学が大きな経験だが、

私にとっての「旅」という形の海外経験は、

留学よりも後のことだった。

 

f:id:ariruariru:20190825211937j:plain

(2019年夏。4回目のパリ。)

 

ariruariru.hatenablog.com

 

学生時代に初めて海外旅行した先はフランス。

パリに10日ほど滞在した。

元々はイギリスに行こうとしていたのだが、

直前にロンドンでテロ事件が発生し、

行き先を変更してのパリだった。

 

英語じゃない外国語と出会って

大学の第2外国語の授業でフランス語を選択していて、

単語程度はわかるつもりでいたのも、

行き先をパリに変更した理由の1つだったかもしれない。

 

フランス語と出会って知った新しいことが数々ある。

「外国語=英語」だと思っていた私に、

世界の言葉のおもしろさを気づかせてくれたのもフランス語だ。

 

今でも私の本棚に残されている、こんな本がある。

f:id:ariruariru:20200907001001j:plain

元来、比較的まじめなタイプなもので、

フランスに旅先を変更した時に購入した、ベルリッツの本。

かれこれ20年以上私の本棚にある、旅の思い出だ。

 

値段は1200円とある。

当時の私には高かったに違いない。

中には書き込みやアンダーラインがいっぱいで、

今よりもずっと、旅先の言葉を予習しておこうという

意欲が感じられ、懐かしくて新鮮で当時の自分がかわいくて、、、

という1冊。そして若干、現在の反省も。

最近はスマホに頼って、勉強を怠っているなと。

 

フランスで出会う、フランス語で出会う

私の本棚には、さっきとまったく同じサイズのこんな本もある。

f:id:ariruariru:20200907001038j:plain

f:id:ariruariru:20200907001041j:plain

こちらは、フランス旅行の際に現地で購入したベルリッツの本。

フランス語を英語で解説しているものだ。

ランスへの旅で、日本語→英語、英語→日本語という

平面構造しかなかった私の頭の中の言語のスペースが、

急に立体構造になった感じだった。

 

曜日」と「惑星」がフランスで出会った

フランス語を知ったことで当時の私に衝撃を与えたこと。

たくさんあるけど今日はその1つを。

それは、「曜日」と「惑星」の出会いだ。

 

中学校の時に単純に丸暗記した英語の曜日。

  火曜日=Tuesday

  水曜日=Wednesday

  木曜日=Thursday

  金曜日=Friday

当時はその語源が何かも、日本語の曜日の語源にも

興味を持つことすらなかった。

高校になると、惑星の名前を丸暗記した。

  火星=Mars 

  水星=Mercury

  木星=Jupiter

  金星=Venus

 

フランス語の曜日は、

  火曜日=Mardi

  水曜日=Mercredi

  木曜日=Jeudi

  金曜日=Vendredi

 

何……これ!?

フランス語の曜日は、英語の惑星と関係が?

フランス語を知って、私の中で

英語で学んだ「曜日」と「惑星」が出会った瞬間だった。

 

言葉は時空を超える万能の道具!

第2外国語として、週に2回2年間も大学で

フランス語を学んでいたのに、

フランス語のおもしろさをフランス旅行に

行くまで知らなかった私。

 

フランス語と同じようにラテン語から派生した

イタリア語なども、ほぼ同じような曜日や惑星の呼び方を

していることを知った。

 

そしてそれは元々、古代ギリシャの人々が惑星を神々の名前で呼び、

それをローマの人々がラテン語に当てはめたということも。

 

つまりは、「曜日」は「神様」だったのだ。

 

f:id:ariruariru:20190506140300j:plain

(2013年夏。パリのノートルダム大聖堂にて。神様の存在を感じる空間。)

 

ariruariru.hatenablog.com

 

言葉は、人と人とをつなぐコミュニケーションの道具。

でも、それだけじゃない。

言葉は、時空を超えて古代と私をもつなぐ、

万能の道具であり、文化そのものだ。

 

言葉をつないできてくれた先人の皆様に

心から感謝したいと思います。

 

Thank you、 Merci、 Grazie、 ありがとう、Obrigada……

(あぁ、またこの言葉の成り立ちも気になる…。)

 

ariruariru.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ