「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

フランス旅「神聖な光に満ちたパリのノートルダム大聖堂!またここに戻ってくる決意をもって」

2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

 

自称旅嫌い?の夫を連れてのフランス旅。

「旅中毒」も「自称旅嫌い?」も、

両方とも楽しめる旅にできるかな?

 

目次

 

パリのシンプル朝ごはん!ホテル「デラヴィーニュ」で 

今回の旅のパリでの滞在先は、

「デラヴィーニュ」という、

カルチェ・ラタンにあるホテル。

カルチェ・ラタンとは、セーヌ川の南側の

ソルボンヌ大学を中心とした学生街だ。

前日の夕方に到着したパリ。

f:id:ariruariru:20190502135237j:plain

よくお世話になっているサイトはこちらの

booking.com

いろんなサイトを見ても、

結局このサイトにお世話になること多し。

ariruariru.hatenablog.com

 

ホテルの朝食はこんな感じ。

f:id:ariruariru:20190506140132j:plain

時差ボケ真っ最中の夫は、

予想通り夜中に目が覚めてしまったらしい。

私はぐっすり眠って、すっきり目覚めた。

朝は少し肌寒いくらい、カラッとした夏のパリ。

それだけで心地よい。

 

そして、なんでこんな普通のパンがおいしいのだろう。

ホテルの地下の朝食ルームでパンとカフェオレ。

シンプルな朝食のおいしさに驚く。

 

パリの街歩き「ノートルダム大聖堂」へ

朝食を終えたら、街歩きへ。

昨日と同じように、サン・ミッシェル界隈へ歩く。

徒歩10分でセーヌ川というすばらしい立地。

 

訪れた先は、ノートルダム大聖堂

 

ノートルダムといえは、先日の火災。

とても残念でものすごいショックだった。

朝、仕事に行く前に、あの衝撃的なニュース。

塔が崩れ落ちるあの光景が、頭から離れなかった。

でもノートルダムはきっと再建されるだろう。

そしてまた訪れよう。今はそう思っている。

 

サンミッシェル橋を超えてセーヌ川を渡ると、

そこはもう中洲のシテ島

パリ発祥の地と言われる場所だ。 

 

f:id:ariruariru:20190506140154j:plain

初期ゴシックの傑作と言われる建築物。

どの角度から見てもその存在感がすごい。

ノートルダムとは「われらが貴婦人」という意味だが、

まさにその通り!という存在感を放っている。

 

ミュージアム・パスを買ってあったので、

すんなり中へ入ることができた。

 

「パリ・ミュージアム・パス」はミュージアムだけじゃない!

ミュージアム・パスとは、パリとその近郊の

主要な美術館や史跡に入ることができるカードのこと。

2日券、4日券、6日券の三種類あって、

私たちは前日の空港で6日券を購入してあった。
www.parismuseumpass-japon.com

 

このミュージアムパスがとっても便利。

美術館にあまり興味がないという人でも

さまざまな史跡で使えるし、

シーズン真っただ中の長い行列に並ばずに済む。

パリに数日以上滞在する人にはお勧めだ。 

 

ミサ中に失礼します。ノートルダム大聖堂の内部へ

そんなミュージアムパスのおかげで

すんなりとノートルダム大聖堂の内部へ。

 

ノートルダム界隈は観光客の多い場所だ。

まだ午前中の早い時間帯とはいえ、

広場には団体観光客の姿も。

 

でも一歩中に入るとそこはまったく違う雰囲気。

神々しい光と空気に満ちている。

f:id:ariruariru:20190506140208j:plain

ステンドグラスって開閉可能な部分があるんだ!

ちょっとびっくり。開いたステンドグラスの窓から

外の明るい光が差し込んでますます神々しい。

 

ちょうどこの日は日曜日。

ミサが始まった。ミサの邪魔をしないように

細心の注意を払いながら聖堂内にとどまる。

f:id:ariruariru:20190506140217j:plain

f:id:ariruariru:20190506140245j:plain

f:id:ariruariru:20190506140314j:plain

 

ステンドグラスの美しさに魅了される祈りの場

ノートルダムの神聖な雰囲気を生み出している一つが

素晴らしいステンドグラスだ。

青の色が濃い!この色、ノートルダムの色だ。

f:id:ariruariru:20190506140232j:plain

このバラ窓の美しさ……!

まさに息をのむ美しさだ。

f:id:ariruariru:20190506140343j:plain

 

旅に出る理由を噛みしめる

2019年4月の火災で、この美しいステンドグラスが

いったいどれくらい破損したのか。

そのへんはまだ報じられていないのでわからない。

 

たとえ以前と同じように再建されたとしても、

もうこの時とまったく同じものは2度と見れないと

思うと胸が苦しくなる。

 

それと同時に、この空気を実際に肌で感じる機会が

過去にあったことを、とてもありがたいと思えた。

 

旅で見る数々の貴重なものや美しいもの。

その場に行かなければ分からないこと、

感じられないことがたくさんある。

それを知りたくて、感じたくて、旅に出るのだ。

 

ノートルダムの火災という衝撃的なニュース。

旅に出る理由をもう一度噛みしめることになった。

f:id:ariruariru:20190506140410j:plain

 また必ず訪れます!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村