「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

フランス旅「旅嫌い夫も楽しめる旅?パリで時差ボケって」

2013年8月

 

この夏は、フランスの旅へ出ることにした。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

自称旅嫌い?夫を連れてのフランス旅。

「旅中毒」も「自称旅嫌い?」も、

両方とも楽しめる旅にできるかな?

 

私の旅に欠かせないのがこちらの

地球の歩き方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 今年もフランスに行く予定なので

また買ってしまいました!

 

目次

 

明るいうちに到着した花の都パリ!

ルフトハンザ航空でフランクフルトを経由し、

予定通り爽やかな夏のパリに到着。

 

今回の旅のパリでの滞在先は、

「デラヴィーニュ」という、

カルチェ・ラタンにあるホテル。

f:id:ariruariru:20190502135237j:plain


よくお世話になっているサイトはこちらの

booking.com

いろんなサイトを見ても、

結局このサイトにお世話になること多し。

 

カルチェ・ラタンとは、セーヌ川の南側の

ソルボンヌ大学を中心とした学生街だ。

 

休憩後、ホテルの周りをちょっと探索。

オデオン座のすぐそばのホテル。

セーヌ川に向かって歩いてみる。

f:id:ariruariru:20190505211501j:plain

どこを向いても美しいパリの街。

異常な暑さの日本を朝に脱出して、

その日のうちに爽やかな夏のパリを歩く。

(時差があるから実際は結構な時間が経っているけど。)

 

あっという間にノートルダム大聖堂

ホテルの周りをしばらくうろうろ。

ホテルの最寄り駅はオデオン座。

駅の場所などを確認して、

あっという間にサン・ミッシェル界隈へ。

もうセーヌ川が、シテ島が、目の前だ。

 

あ、ノートルダム大聖堂!!!

f:id:ariruariru:20190505214018j:plain

ここまでホテルからまっすぐ来れば徒歩10分!

なんというすばらしい立地だろう。

 

ノートルダムといえは、先日の火災。

とても残念でものすごいショックだった。

朝、仕事に行く前に、あの衝撃的なニュース。

塔が崩れ落ちるあの光景が、頭から離れなかった。

でもノートルダムはきっと再建されるだろう。

そしてまた訪れよう。今はそう思っている。

 

さて、もっともっと歩きたいー!!さあ、橋を渡って!

と、まさに走り出しそうな私ですが……。

ところが、自称旅嫌い?の夫。

どうやら時差ボケが始まったようで。

 

花の都パリで!時差ボケって……zzz

自称旅嫌い?の夫。ヨーロッパは初めてなわけで。

おや、ぼーっとしている。立ってても寝そうな雰囲気。

どこかのレストランでディナーでも…と思っていたけど、

どうやら、それは雰囲気的に無理なご様子。

 

非常に残念ですが、泣く泣くディナーは諦めて、

スーパーのお惣菜で済ませる簡単お部屋食に。

ホテルのそばにあるスーパー「モノプリ」へ。

「モノプリ」とはフランスのスーパーで、

パリの街にもたくさんあって、旅人も使いやすい。

 

paris.navi.com

私も今まで何度お世話になっていることやら。

 

結局、パリ到着初日の夕食はこんな感じに。

f:id:ariruariru:20190505211659j:plain

パスタサラダとポテトサラダにクロワッサン。

それから居心地が悪そうにしている

関空で買ってきたおにぎり。

機内で食べるために買ったのだけど、

結局食べすにパリまで持ってきちゃった。

 

そうそう、このモノプリのクロワッサン。

スーパーの売れ残りと侮るなかれ。

一口かじると、びっくりするくらい美味しい。

なんでこんなに日本で食べるのと違うのだろう。

 

パリでディナーとはいかなかったけど、

これはこれで楽しい食事。

夫はすぐにベッドに倒れこんでしまったけど。

時差ボケってこんな風になるんだなと改めて観察。

 

私はヨーロッパに来慣れてしまっているけど、

夫は12時間も飛行機に乗ること自体が初めての体験。

でもここで寝てしまったら、変な時間に目が覚めて

翌日もしんどいよー!と言ってはみるものの、

結局………zzzzz。しかたありません。

私の好みのヨーロッパ旅に付き合ってくれているのだから。

 

これは……パリの魔力?

というわけで、私的にはゆったりとしたホテルステイに。

ホテルの鍵がレトロで素敵だ。

f:id:ariruariru:20190505211811j:plain

暮れゆくパリの街を、ホテルの部屋から。

いいホテル。いい滞在になりそう。

暮らしてる気分に浸れる眺め。

f:id:ariruariru:20190505211830j:plain

窓から反対側を覗くと、オデオン座が見えている。

f:id:ariruariru:20190505211930j:plain

まだ数時間しかたっていないけど、

やっぱりパリに来てよかったと思う。

f:id:ariruariru:20190505212218j:plain

そして、旅の初日なのに、

もっとパリに滞在したいと思うのであった。

 

なんなんでしょう?これってパリの魅力?

いや、パリの魔力?

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村