「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ビルバオのビスカヤ橋からの眺めと世界遺産への想い」

また旅に出られる日を想いながら、今日も旅の復習をしています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

ビスカヤ橋の橋げたより

この日は、ビルバオ世界遺産ビスカヤ橋へ。

チケットを購入して、橋げたへ上がる。

f:id:ariruariru:20200326090007j:plain

水面から45mの高さまでは、狭いエレベーターで

上がることができる。あっという間に到着!

f:id:ariruariru:20200327102202j:plain

f:id:ariruariru:20200327102118j:plain

橋げたの高さから眺める街はとても美しい!

ビスカヤ橋があるのは、街の中心から電車で20分ほどのところ。

ビルバオ川の河口付近だ。

f:id:ariruariru:20200327102131j:plain

周辺は住宅地が広がっていて、のんびりした空気。

どんよりしたお天気と冷たい風がバスクらしい。

8月の2週目に入ったこの日、長そでのウインドブレーカーが

手放せない気候だった。

f:id:ariruariru:20200327102149j:plain

橋げたのたもとはこんな感じ。

f:id:ariruariru:20200327102244j:plain

さていよいよ橋げたの上へ。

ちょうど下にはゴンドラが動いているのが見える。

f:id:ariruariru:20200327102300j:plain

色は違うけど、エッフェルの弟子の一人が設計したのが

頷ける、美しい鉄の組み合わせ。

f:id:ariruariru:20200327102324j:plain

f:id:ariruariru:20200327102340j:plain

なんて複雑な構造なんだろう。

f:id:ariruariru:20200327102355j:plain

歩けるようになっている橋げたには、

ところどころに橋の歴史などを紹介するコーナーも。

f:id:ariruariru:20200327102545j:plain

対岸のポルトゥガレテの街が美しく見える。

f:id:ariruariru:20200327102711j:plain

橋自体が美しくて、惚れ惚れするな。

f:id:ariruariru:20200327102732j:plain

河口に向かって進む船。

かつてはここを大型の貨物船が行ったり来たりしていた。

f:id:ariruariru:20200327102754j:plain

f:id:ariruariru:20200327104514j:plain

全長160mの橋。ポルトゥガレテ川まで歩いて、

またゲチョ側まで戻る。景色が素晴らしいので、

橋げた見学だけではなくて、展望台を楽しむ感じだ。

楽しい!降りたくないけど、だんだん寒くなってきたので……。

 

あ、真下にゴンドラが。不思議な感じだなぁ。

f:id:ariruariru:20200327104145j:plain

高所恐怖症の方にはおススメしませんが、

そうでない方にはぜひ橋げたに登って欲しい。

f:id:ariruariru:20200327104159j:plain

 

ゴンドラに乗ってみたら

さて、再びゲチョ側のエレベーターをおりて、

今度はゴンドラに乗ってみる。

チケットはセットになっていた。(8€なり)

f:id:ariruariru:20200327104236j:plain

ゴンドラの中はこんな感じ。

電車の車両に立ち乗りしてる感覚。

f:id:ariruariru:20200327104250j:plain電車の車両のようなものが2つあって、

その間に車両を乗せる部分がある。

f:id:ariruariru:20200327104306j:plain

ゴンドラに乗って、対岸のポルトゥガレテまであっという間。

平行移動しているので、電車のように揺れないし、

静かに川の上を進んでいる感じだ。

時間にして1分半で到着。乗客は200人まで乗れるらしい。

 

ポルトゥガレテ側から次のゴンドラを見送る。

f:id:ariruariru:20200327104352j:plain

やっぱり変な感じ!

空中に浮いているみたい。

f:id:ariruariru:20200327104406j:plain

 

世界遺産ビスカヤ橋」を訪れて

こんなシステムを考えた人、すごいな。

120年以上前につくられたビスカヤ橋。

重化学工業の中心地として栄えた都市の発展に貢献した橋。

f:id:ariruariru:20200327104427j:plain

街はすっかり様変わりしたけど、

橋はしっかり残っていて、今でも地元の足という

昔と変わらない役割を果たしている。

そしてさらに、世界遺産に登録されてからは、

観光客を呼び寄せるという、新たな役割をも果たしている。

 

もし、ビスカヤ橋が世界遺産ではなかったら、

私はきっとここを訪れなかっただろう。

 

実は、世界遺産を掻い摘まむような旅をしてしまうと、

もったいないことをしているような気分になる。

世界遺産」という冠を被ったものを

ミーハー的になぞっていくだけのような気がして。

 

でもやっぱり、世界遺産に登録されたものは

素晴らしい。(当たり前だけど)

ありがとう、ビスカヤ橋を世界遺産に登録してくれて。

だからこそ、ここを訪れることができました。

 

これからも、世界のいろんなものを、

自分の目で見て、触れて、感じて、考えて。

そんな旅がもっとしたいと思う。

じっくり、しっかり。

 

 街の情報も満載。バスクの旅のお供におススメです。

       ↓


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ