「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

イタリア中部の旅「素朴で豊かな食があふれる街 ボローニャ」

 

2015年8月

 

この夏は、イタリア・フィレンツェに滞在。

フィレンツェを拠点にイタリア中部をめぐる旅へ。

気心知れた友人との2人旅だ。 

ariruariru.hatenablog.com

  

素朴だが豊かな食であふれる街

 

美食の街、イタリアボローニャ

期待値が高まりすぎて、急にお腹が空いてくる。

 

フィレンツェからフレッチャロッサで35分。

エミリアロマーニャ州の中心都市ボローニャは、

古代のエミリア街道にある美食の街だ。

 

まだ日は明るいが、湧き出る食欲に掻き立てられて

ボローニャの中心地にあるお店へ。

タベルナ・デル・ポスティリオーネ」という 

古い邸宅を改装した雰囲気の良い店。 

https://www.instagram.com/p/BgqZ44XFbDa/

暑い夏の旅。内陸のボローニャはカラカラだ。

歩き疲れて早めの夕食。

冷えた白ワインに生ハムメロン。

ここは美食の国の中の美食の街。

一気に食欲がわき出てきた。

 

かわいらしい内装の店内。

まだ7時台。客はほとんどいない。

イタリア人のディナータイムは8時を回ってからだ。

 

アンティパスト(前菜)に生ハムメロンを。

生ハムはパルマ産のもの。

パルマエミリア街道に栄えた街だ。

 

日本のイタリアンで食べる生ハムメロンは

メロンが甘すぎてしっくりこないが、

イタリアで食べる生ハムメロンは

メロンが「瓜」を感じる歯ごたえ。

生ハムと最高に合う。

すっきりしたワインをついついゴクゴク……

https://www.instagram.com/p/BhyclYwnJF7/

美食の街ボローニャ。

タリアテッレのボロネーゼもパルミジャーノのリゾットも、

素朴で無駄なものが一切ない。ボローニャの空気そのまま。

 

ボローニャに来たからには

食べずには帰れないボロネーゼ。

タリアテッレでいただいた。

見た目はこってりだけど、

食べると意外にもあっさりとしている。

肉の旨味が直接感じられて、

プリモというよりセコンドの一皿。

 

プリモとは「プリモ・ピアット」のことで「一皿目」の意味。

イタリア料理では一皿目にパスタやピザなどを選ぶ。

セコンドとは「セコンド・ピアット」のことで「二皿目」の意味。

メインとなる料理のこと。

 

もう一皿はパルメザンチーズをふんだんに使ったリゾット。

 どれもこれも想像以上のおいしさ。

でもとても素朴な味わい。

イタリアの食文化の原点のようだ。

 

塩コショウやオリーブオイルは極力抑えられつつ、

素材の味を最大限に生かしている感じ。

「素材がいいから勝手においしくなっちゃう」

とでも言わんばかりに。

パルメザンチーズも日本で食べるものより

塩気が少なく、チーズの香りが引き立っている。

 

 美食の国イタリアの中の美食の街ボローニャ

相当な期待値を持って来たけれど、

裏切られることはなかった。

 

 そして満たされた食事の最後には

さらに満足を上乗せするドルチェとカッフェが待っている。

(ドルチェとはデザートのこと。カッフェはコーヒーのこと。) 

 

イタリアの絶品コーヒー

 

イタリアのコーヒーは、基本がエスプレッソだ。

イタリアでコーヒーと言えば、

エスプレッソマシーンで淹れるカッフェのこと。

これにミルクを足して、カップチーノにしたり、

カフェラテにしたり、マキアートにしたりと

そのバリエーションははかり知れない。 

ariruariru.hatenablog.com

 食後にはやはりすっきりとカッフェのままで。

こちらはIl moroという

お気に入りのリストランテ。 

https://www.instagram.com/p/Bf7XXgNn896/

テラス席での食後にお楽しみ。

ティラミスはシェアして、

はずせないコーヒーを。

ボローニャの夜。

https://www.instagram.com/p/Bh1npE0H1xh/

www.tripadvisor.jp

ボローニャで2泊。

お気に入りのリストランテができた。

テラスで美味しいものを食べて、

歩行者天国になった通りをぶらぶら歩いてホテルへ帰る。

癖になりそう。

 

しばらくイタリアに滞在すると

これを飲まないと食事が終わった気がしなくなる。

カフェイン中毒になるべくしてなる国、

それがイタリアだ。

 

 明日は日帰りでラヴェンナへ。

モザイクの世界に浸りに行く。

 

ariruariru.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村