「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

オーストラリア旅「スタイリッシュな街 シドニーに到着!旅のホテルと初日のランチ」

2017年8月

 

この夏は、オーストラリアへ。

まずはシドニーで都会的な旅を楽しむ。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

大都市シドニーでのホテル選び

 羽田から直行便でオーストラリアのシドニーへ。

シドニーはオーストラリア最大の都市だ。 

ホテルにチェックインしたら、

荷物を預けてまずは街歩きへ出発。

ホテルは立地を重要視して選んだ

ラディソンブル―プラザホテルシドニー

美しい外観にまずはびっくり。

f:id:ariruariru:20180617152434j:plain

 最寄り駅はウィンヤードという駅で、

オフィス街のど真ん中。とても便利な場所だ。

観光地にも、食事にも便利!

 

ホテルの周辺は、ビジネスマンたちが

忙しそうに歩いている。

都会の人は歩くのが速いな。(私も都会の人だけど)

それを横目に見ながら、街歩きを始める。

  

スタイリッシュな街がそこにある

すったもんだの昨日、夜に羽田を出発し、

午前中にシドニーに無事到着。

 

ホテルでは予約の名前が確認できないという

ちょっとしたトラブルがあり、

数十分の時間を費やしてしまった。

ネットでの予約、予約フォームに様式などに要注意。

どうやら文字化けが原因だったようだ。

 

さて、気を取り直していざ出発。

何より私たちはお腹が空いているのだった。

夜便で出発し、午前中に現地に着く。

普通に一日が始まっている感じ。

 

日本の夏はオーストラリアの冬。

しかし、8月のシドニーは日本の秋のような気候で

非常に過ごしやすい。街歩きにもぴったりだ。

 

旅の初日は、だいたいどこでも

本格的な迷子にはならない程度にさまようのが好き。

地図を持ってはいるものの、

地図ばかり眺めていたら楽しくないので、

まわりをきょろきょろ見ながら、

行きたい方向へ歩いてみる。

 

ホテルからしばらく南に歩くと、

華やかな繁華街にやってきた。

観光客らしい人たちも多く見られる。

 

南北の通りを西に入るとQVBが見えた。

QVBとは、クイーンズ・ビクトリア・ビルディングの略で、

とても趣のある建物だがその実、

中はショッピングセンターなのだ。

残念ながら前の道は工事中だった。 

https://www.instagram.com/p/Bh2rOJhH3Aa/

旅の初日に訪れたQVB。これがショッピングセンター?

前の道は残念ながら工事中だけど、

圧倒的な存在感に思わず立ち止まる。  

https://www.instagram.com/p/Bh2r_qtHlXZ/

QVBの中。外観もすごいが、

大英帝国の繁栄を見るような重厚感溢れる内部。

ランチの店を探すのも忘れてしばしさ迷う。

 

豪華な建物の中で味わう簡単ランチ

建物自体はロマネスク様式というものらしい。

私の知っているショッピングセンター

ではないことだけは確か。

外観もすごいが、中はまるで宮殿のよう。

吹き抜けになっており、開放感!

天井から吊り下がっている時計が印象的。

いろいろ迷った挙句、この中の店でランチをいただいた。

吹き抜けに沿ってテラス席が出ていた、VANTOというお店。 

https://www.instagram.com/p/Bh2sqJtn1GS/

迷いに迷ってのランチ。

QVBの吹き抜けのテラス席で優雅な気分。

でもオーダーはパニーニとポテトフライ。

旅の初日のどぎまぎも楽しみの一つ。

 

サンドイッチとポテトフライで合計2000円ほど。

ものすごく普通のメニューをオーダー。

入る店に悩み、注文するものに悩み、

旅の初日は悩みが尽きない。

オーストラリアは物価が高く、値段を見ると躊躇が。

しばらく滞在すると慣れてくるのだけど。

 

シドニーは都会らしく、洗練された店が多い。

安い店は安さを売りにしているし、

高級な店はそれを売りにしている。

つまりは理不尽な思いをする可能性は低い。

 

いい感じ。いい旅になりそうな予感!
 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村