「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

オーストラリア旅「とっても美味しいシドニー」

 

2017年8月

 

この夏はオーストラリアの旅へ。

都会的なシドニーの街歩きを楽しむ。 

ariruariru.hatenablog.com

 

シドニーのおいしいもの

 

シドニーを拠点にした気ままな旅。

 冬のシドニーは日本の秋のような気候で

とても過ごしやすい。

そんな旅もいよいよ終盤。

この日の朝はオフィス街の真ん中、

ビジネスマンが忙しそうに行き交う中の

朝食になった。

 

「ザ・ギャラリーズ」The Galeries という

ショッピングビルの1階に入る、

「ザ・グラウンズ」The Grounds

行ってみると見るからに人気店。

とても混雑しているみたい。

 

The Galeries のショッピングセンターは、

日本の書店の紀伊国屋が入っていて、

和食の店もある。

タウンホール駅のすぐそばにあって、

まさにオフィス街のど真ん中。

https://www.instagram.com/p/Bh27cgxnecA/

シドニーで朝ごはん。 

選んだお店は人気のカフェみたい。

常連客らしき人が次々やってくる。

オフィス街のど真ん中。

 

テイクアウトの客が途切れることなくやってくる。

おそるおそる店のドアを開けると、

店内もかなりの混み具合だった。

 

とてもいい雰囲気。常連さんでいっぱいだ。

何人もいるバリスタ

とても忙しそうに手を動かしている。 

https://www.instagram.com/p/BfYHJWjn_bf/

おいしいフラットホワイトを求めてカフェめぐり。

毎朝新しい店で新しい雰囲気ごと味わう。

今朝はオフィス街のど真ん中で。 

https://www.instagram.com/p/Bl-S6WjgBMZ/

シドニーで朝食。都会の真ん中のオフィス街。

ビジネスマンがぞくぞくテイクアウトしていく人気店。

 

コーヒーはやっぱりフラットホワイトで。

料理もシドニーらしくていい。

豪快さと都会的な繊細さが両方ある。

本当においしい。

もっと滞在が長かったら、きっと何度も訪れる店だ。

 

最後に豪華なランチを!

 

旅も終盤。

ちょっと豪華なランチをいただきに

サーキュラーキーへ向かった。

気になっていた「カフェ・シドニー」という店へ。

カフェ・シドニー」という名前なので

もう少しカジュアルな雰囲気を

想像していたのだが……。

行ってみるとなかなかの高級店!

https://www.instagram.com/p/Bh3AYrEH6tt/

シドニー最終日。

ちょっといいランチにサーキュラーキー。

建物の最上階へ。

 

この歴史的な建物は、

かつて税関として使われていたもの。

ここに税関があったということは、

サーキュラーキーがシドニー

玄関口だったことを物語っている。

 

この建物の最上階、

テラスが見えているところがカフェ・シドニーだ。

店内はモダンな雰囲気。 

https://www.instagram.com/p/Bh3BrmWndaT/

ちょっといいランチ。眺めのいいレストランへ。

隣のテーブルはビジネスランチで白熱中。

シドニー最終日。

 

悩んだ末にオーダーした料理。

素材を生かした味わい。

ワインにとてもよく合う。

 

メインのプレートとグラスワインで

一人5000円弱。お、お高い……。

でも最高に優雅な気分に浸れた。

たまにはいいかもね。

 

隣のテーブルではビジネスランチ。

もりもり食べながらビジネストーク

ワインもグビグビ。

日本との文化の違いを感じる。 

 

とっても美味しいシドニー

 

おいしいものにたくさん出あった旅。

シドニーはオーストラリアの豪快さに、

都会的なセンスの良さのようなものが

ミックスされたような街。

食べたものもそんな雰囲気にピッタリのもの。

 

シドニーにはバリエーション豊富な

レストランがたくさん。

アジアの文化の影響も大きく、

中華料理をはじめ、東南アジア系の

スパイシーな食べ物も好まれる。

 

フードコート形式の店がたくさんある。

それぞれ自分に合ったものをチョイスして

同じテーブルについて食事をする。

文化の違う人々がともに暮らしている街だ。

 

新しいものを受け入れる寛容さが、

シドニーの街の雰囲気をつくっている。 

 


にほんブログ村