「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「魅惑のアンダルシアへ グラナダのお宿は優美な邸宅!」

 

  2012年8月 

 久しぶりに訪れたスペイン。

マドリッドを拠点にした一人旅だ。

しばらくマドリッドを離れて、初めてのアンダルシアへ。

ariruariru.hatenablog.com

 アンダルシアとはスペインの南部に位置する地域のことだ。 

 

目次

 

 

魅惑のアンダルシアへ

8世紀初めから約800年間にわたって

イスラムの文化が定着したこの地域は、

アラブの雰囲気を残しつつもスペインの要素が絡み合う、

「魅惑のアンダルシア」なのだ。

アンダルシアという言葉の響きだけで、

なんだかゾクゾクしたものを感じていた。

f:id:ariruariru:20190328230204j:plain

 というわけで、アンダルシア地方のグラナダ駅に到着。

…………暑い!

駅から15分ほど歩いて予約していた宿をめざす。

暑い盛りの時間帯に到着してしまったことを悔やみつつ……。

 

グラナダは、アルハンブラ宮殿を擁する街。

古い歴史をもつ街だ。

長く続いたキリスト教徒とイスラム教徒の争い。

まさにその舞台となった街。

 

 

グラナダのお宿は優美な邸宅!

予約した宿は、「カサ・デル・カピテル・ナサリ」という

16世紀の邸宅を宿として使っているところ。

アンダルシア特有の中庭を配した雰囲気のある宿だ。

この写真の右側。無事に迷わずたどり着けた。

ちょうど3時くらい。外を歩くことに危険を感じる暑さ。

f:id:ariruariru:20190329003319j:plain

趣のある細い通りに面していた。

迷路のような旧市街の中に建つホテル。

f:id:ariruariru:20190329003343j:plain

f:id:ariruariru:20190329003421j:plain

インターホンを鳴らして入り口のドアを開けてもらうシステム。

セキュリティがしっかりしていて安心。 

お部屋は2階の離れのようになっている場所。

とても静かで過ごしやすい。

f:id:ariruariru:20190329003745j:plain

f:id:ariruariru:20190329003755j:plain

イスラム建築の影響で、パティオと呼ばれる中庭がある。

さすが昔の邸宅を使った建物だけあって、優美なつくりだ。

ただし、暑すぎるのでパティオからもわっとした空気があがってくる。

それでもパティオがあるのとないのではずいぶん違うだろう。

風が抜けるだけ、暑さはマシに違いない。

f:id:ariruariru:20190329003749j:plain

 

暮らすような旅ができそうなお部屋

お部屋の中もとてもかわいらしい。

窓から明るい光が入ってくる。

あんな細い路地に面した入り口だったのに。

f:id:ariruariru:20190329003801j:plain

ホテルの前の細い路地は、イスラム圏で見られる迷路のごとく。

今まで知っていたスペインとはまったく違う。

独特の雰囲気が、なんだか心をざわつかせるような。

鼓動が速くなるような気がした。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村