「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「もりだくさんの旅を総まとめ!夏のスペインは暑いけど、やっぱり魅力的だ!」

2012年8月

 

この夏は、久しぶりのスペイン一人旅へでかけた。

マドリッドを拠点に、アンダルシア地方の

グラナダコルドバを訪れ、その後トレドへ。

トレドからマドリッドを経由して、バルセロナへ。

 

スペインの中で、自分がどうしても

行きたいところだけをつまみ食いするような旅。

そんな私の旅に欠かせないのが「地球の歩き方」だ。

これがないと心配。いつも旅の相棒だ。

(今年も買ってしまいました。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/6時点)

 他のガイドブックを買ってみようかなと思った時もあったし、

昨今は紙のガイドブックはもう要らない?と思ったりも。

内容が薄くて、「おい!」と思うこともあるけど、

でも、やっぱり「地球の歩き方」は偉い!

旅好きのためのガイドブックだと思う。 

地球の歩き方」なしでは私の旅は始まらない。

 

目次

 

 

スペインという国の魅力を存分に楽しむ!

約2週間の旅。

マドリッドグラナダコルドバマドリッド

トレド→バルセロナという順番でめぐった。

移動はすべて列車。スペイン国鉄レンフェを駆使して。

f:id:ariruariru:20190330163157j:plain

(美しいトレド駅。マドリッドへもどる列車。)

 

2週間あったら、もっといろんな街を訪れる人もいるだろう。

でも私は滞在型の旅が好きだ。暮らすような旅。

2週間でいろいろ見たい気持ちもあるけど、

そこんところの折り合いを何とかつけてこの旅のプランになった。

 

旅を終えてみて一番に思うことは、

「2週間じゃ足りない!」ということ。

でもそれはわかっていたことなので諦めることにして、

やっぱりスペインは魅力的な国だということ。

夏のスペインはめちゃめちゃ暑い。

この旅でも暑さとの闘いは結構熾烈だったけど、

それでも夏のスペインは魅力的だ。

 

暑さと闘いながらの旅!勝敗は五分五分?

暑いことはわかっていたので、

いろいろ策は練っていたつもりだ。

 

日焼け止めや保湿クリームなども万全に。

ヨーロッパでは現地で買うこともしばしば。

ボディショップはどこにでもあるので

自分に合うものをみつけておくと便利だ。

私は普段からリップバームを愛用中。

 

 

暑さ対策として、例えばホテルは

街の中心地や交通の便のよいところ。

なぜなら、暑い日中に歩く距離を減らすためと、

シエスタでいったんホテルに帰る動線を考えて。

 

マドリッドグラナダでは、中心地から歩ける距離で。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

バルセロナでは、駅直結の交通の便がよいホテルを。

ariruariru.hatenablog.com

 

それでも無理をしたグラナダでは体調不良に。

やっぱり欲張ってはいけません。

ariruariru.hatenablog.com

 暑さとの闘いは五分五分といったところか。

水分補給や体を冷やすアイスも大事!

f:id:ariruariru:20190330163128j:plain

(トレドの街歩き。暑い体を冷やせー!)

f:id:ariruariru:20190427214947j:plain

バルセロナのバルセロネータにて。リゾートの雰囲気にアイスは必須アイテム?)

 あら、どちらも同じカップ?気づいてなかったけど…。

 

街歩き、ときどき考えごと。一人旅の醍醐味!

一人旅の醍醐味を味わうのに、うってつけの街歩き。

20年ぶりのマドリッドは、ノスタルジーに浸った。

 

マヨール広場へ通じるクチリェロスの門。

20年前にもっとも印象的だった場所。

f:id:ariruariru:20190327230839j:plain

美しい街を歩きながら、20年前の自分と

今の自分を比べたりした。

 

f:id:ariruariru:20190328101442j:plain

 

初めて訪れたアンダルシア地方。

グラナダで出会った、イスラムやアラブの世界に

圧倒され、酔いしれる街歩き。

今までヨーロッパで見てきた、キリスト教の世界が、

急にあたり前ではないことを突きつけられる。

f:id:ariruariru:20190329005354j:plain

f:id:ariruariru:20190329113125j:plain

 

そして、20年ぶりのトレド。

イスラムとの共存の形を感じる街歩き。

f:id:ariruariru:20190330004907j:plain

f:id:ariruariru:20190330163103j:plain

 

そして最終地バルセロナ

ここはカタルーニャだ!という

強い意志を感じながらの街歩き。

f:id:ariruariru:20190427185840j:plain

f:id:ariruariru:20190427190706j:plain

多彩な街々の雰囲気を存分に楽しみながら、

考えごとをしたいときに存分にできる一人旅。

あらためて、一人旅の良さを実感した。

 

素晴らしいもの、素晴らしいときを、知らない誰かと共有できるのが旅だ!

独り占めしたいときもあるけど、

旅の醍醐味は、世界中の人々と素晴らしいものや

素晴らしいとき、素晴らしい風景を共有できること。

f:id:ariruariru:20190430145946j:plain

グラナダで。美しいアルハンブラ宮殿が夕刻に染まる光景を共有。)

f:id:ariruariru:20190430105503j:plain

バルセロナで。サグラダ・ファミリアはどこの誰が見てもすごい!)

 

文化も出身も言語も違う人々が、

同じものを見て感動できるってすごいことだ。

言葉が通じ合っても、心は通じ合わないことも多々あるのに、

素晴らしいものを前にした時とき、

そこに説明は要らなかったりする。

 

サグラダ・ファミリアの写真を一生懸命とったあと、

信号を渡って向かいの歩道に渡ると、

さっき自分が写真を撮っていた場所で

一生懸命、写真を撮っている人がいる。

「私とおんなじだ!」

そうそう、あの角度がいいんだよねー!

話さなくとも、価値観を共有できた気がする。

そんな喜びもまた旅の楽しみ。

 

旅の理想を追求しながら突き進むぞ!

行列に並ぶのは好きじゃないし、

正直、待たされるのも大嫌いだ。

でも、混雑するときにしか旅に出れない勤め人の身。

そこは文句を言っても仕方がない。

 

できるだけ、予約できるものは予約して、

時間のロスをなくすような旅を考えている。

でも、分刻みの旅も楽しくない。

いつも、その兼ね合いが難しいところだ。

 

ほどよく効率的で、ほどよく柔軟性のある旅。

 

自分なりの旅の形を探しながら、

次の旅の計画を練っていく。

大満足のスペイン旅。

絶対、また行きます!

 

乾燥するヨーロッパの旅。お手頃価格で愛用中!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村