「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「バルセロナの魅力にもうお腹いっぱい!?忘れちゃいけない、ビーチと空中散歩!」

2012年8月

 

この夏は、スペインを気ままに一人旅。

マドリッドからアンダルシア地方のグラナダ

コルドバ、トレドとめぐって

旅の最終地であるバルセロナへ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

後ろ髪惹かれながらトレドをあとにした。

その後、旅の最終地バルセロナへ。

発見がいっぱいのバルセロナ滞在を満喫中。

 

スペインの中で、自分がどうしても

行きたいところだけをつまみ食いするような旅。

そんな私の旅に欠かせないのが「地球の歩き方」だ。

これがないと心配。いつも旅の相棒だ。

(今年も買ってしまいました。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/6時点)

 他のガイドブックを買ってみようかなと思った時もあったし、

昨今は紙のガイドブックはもう要らない?と思ったりも。

内容が薄くて、「おい!」と思うこともあるけど、

でも、やっぱり「地球の歩き方」は偉い!

旅好きのためのガイドブックだと思う。 

地球の歩き方」なしでは本当に歩けません。

 

 目次

 

バルセロナの魅力の数々に、もうお腹いっぱい!?

バルセロナは本当に魅力的な街だ。

これまで訪れたスペインのどの街とも違う、

独特の雰囲気を持っている。

カタルーニャの歴史が息づいた街。

ariruariru.hatenablog.com

 

そんなバルセロナをさらに魅力的にしているのが海!

f:id:ariruariru:20190427185429j:plain

なんかずるい……。

(一体どういう感情なのか、自分でも整理がつきませんが)

 

大都会のくせして、開放感があるリゾート地のような雰囲気。

f:id:ariruariru:20190427185927j:plain

歴史ある建造物や芸術を感じる建築物があふれる街。

独創性がみなぎるガウディやモンタネール。

 

食べ物や飲み物は全部美味しいし、

みんな親切で人懐っこいし、交通の便はいいし、

気候も温暖だし、(夏はちょっと暑すぎるけど)

一体何なんだー!?この街は。

ずっとバルセロナに居ればいいじゃないか、という

旅する目的を根底から覆される街だ……。

 

忘れちゃいけない!バルセロナの海!海!海!

さて、気を取り直して旅を続ける。

地下鉄のバルセロネータ駅へ。

バルセロネータとは、バルセロナの南西にある

海に突き出た三角形の一帯のことで、

ビーチが広がるエリアのことだ。

 

地下鉄でビーチに行けちゃうってとこがまたいい。

ホントに、バルセロナは欲張りな街である。

 

駅を出て少し歩くと、もうこんな光景!!

やばい!日焼けが……!

f:id:ariruariru:20190428225253j:plain

海だー!大西洋だー!リゾートだー!贅沢だー!

ふり返れば大都市。でも目の前には海!

とても気持ちの良いビーチ。

暑いけど、ここなら気持ちいい!

f:id:ariruariru:20190428225330j:plain

高級リゾート地とは違って、庶民的な雰囲気。

またこれがのんびりできていい感じ。

f:id:ariruariru:20190428225332j:plain

ビーチサンダルで街を闊歩して、

そのまま海に飛び込める!大興奮だ!

f:id:ariruariru:20190427214947j:plain

ちょっとアイスでクールダウンして落ち着こう。

 

夏の旅は、お肌に悪いことばかりだ。

特にヨーロッパの直射日光は危険!

海の開放感でついつい忘れがちだけど、

日焼け対策と保湿は本当に欠かせない。

たっぷり気兼ねなく使える、資生堂

インテグレートグレイシィの

モイストアップベースを愛用中。

化粧下地で日焼け止めになるし、

お値段も手ごろでとっても便利!

 

 

現地調達には「ボディショップ」がありがたい。

ヨーロッパの主要都市にはお店があるので、

買いやすいし、英語だし。

 

 

さて、旅の続き。

そうそう、気になっていたあれに乗らないと!

 

空中散歩!空から楽しむバルセロナ

そうそう、気になっていたあれとは、

ランブラス通りを海まで歩いたときに見た、

ロープウエイのこと。これこれ。

f:id:ariruariru:20190427185440j:plain

これがずっと気になっていた。

というわけで、さっそく乗り込みに行ってみる。

バルセロネータの端に乗り場を発見。

f:id:ariruariru:20190430115656j:plain

 バルセロナのこのロープウエイは、

1929年の万博の時に開通したものらしい。

上がってみると、結構な人が待っていた。

f:id:ariruariru:20190430115746j:plain

なかなか年季が入っているロープウエイ。

かわいいー!!!レトロそのもの!

https://www.instagram.com/p/BihLBe8FlYU/

このロープウエイは、バルセロネータと

モンジュイックの丘を結んでいて、途中駅の

トーレ・ダ・ジャウマ・プリメからも乗り降り可能。

トーレ・ダ・ジャウマ・プリメというのが

コロンブスの塔あたりから見えた鉄塔だ。

 

バルセロネータの乗り場から、ビーチを臨む。

f:id:ariruariru:20190430115731j:plain

20分ほど待って、やっと順番がやってきた。

バルセロナの街が美しく見える。

いよいよ乗り込む時。アトラクションに乗るみたい!

f:id:ariruariru:20190430115825j:plain

わー!気持ちいい!

正面に見えるのが途中駅の鉄塔。

その下に広がるのは、港を再開発したウォーターフロント

水族館やショッピングセンターが入る建物だ。

さあ、出発!

f:id:ariruariru:20190430115843j:plain

ここから、しばしの空中散歩。

海も素晴らしいし、バルセロナの街も。

360度どこを眺めようか迷っちゃう。

あ、バルセロナの街を歩いているとふと見える

あの変な形の建物。水道局の建物らしい。

これも見えている。

    ↓

f:id:ariruariru:20190430135143p:plain

f:id:ariruariru:20190430115902j:plain

海の上を通過中。素晴らしい眺め!

写真ではよくわからないけど、サグラダ・ファミリア

グエル公園も、カテドラルも見える!

f:id:ariruariru:20190430115924j:plain

f:id:ariruariru:20190430120005j:plain

f:id:ariruariru:20190430120022j:plain

途中駅を過ぎると、モンジュイックの丘へ。

モンジュイックとは、街の南西部にそびえる丘。

1992年のバルセロナオリンピックの時に、

メイン会場になった場所だ。

f:id:ariruariru:20190430120038j:plain

何でもありのバルセロナ

今日も、また「やられたー!」と思わされる。

 

モンジュイックの丘は広い公園になっていて、

こちらもまた気持ちの良い場所。

f:id:ariruariru:20190430140110j:plain

丘からは、フニクラ(ケーブルカー)で下界へ。

たった3分で地下鉄駅にもどれる。

なんて便利な街なんだろう。

一人で感嘆の声をあげてしまう。

 

残念ながら、この日がバルセロナ最終日。

この旅で、もっと長く居たい街ナンバー1!

最後の最後まで、想像を超えてくる街だった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村