「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「建築物の存在感を楽しむバルセロナ!カタルーニャの誇り!カタルーニャ音楽堂」

 

 2012年8月

 

この夏は、暑い熱いスペインを一人旅。

内陸の首都マドリッドから入り、

アンダルシア地方のグラナダコルドバと旅し、

古都トレドにも足を延ばした。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

どの街も個性的で魅力的なスペイン。

そして最後の最後に訪れたバルセロナを満喫中。

 

目次

 

 

心をわしづかみにされるバルセロナの街

 

バルセロナは、スペイン東部の大都市で

カタルーニャ州の州都である。

ariruariru.hatenablog.com

 

スペインの各都市には各都市の歴史があり、

どの街も個性的で独特の雰囲気がある。それが魅力だ。

 

そんな中でもバルセロナという街は、

独立問題に揺れるカタルーニャの中心都市。

独自の文化が育まれた街だ。

そして自由で開放的な雰囲気!

 

バルセロナで知る建築とデザインの魅力

そんなバルセロナの魅力の一つは、

個性的で独特の建築物を楽しむこと。

私は建築やデザインにはそんなに興味がない方だが、

圧倒的な存在感のサグラダ・ファミリア

ガウディという巨匠の手によるもの

というくらいのことは知っていた。

 

しかし、20世紀初頭のバルセロナで、

そのガウディ以上に名声を博した

天才建築家がいるという。

それがモンタネール(ムンタネー)という人物。

 

モデルニスモ建築の代表作と言われる

カタルーニャ音楽堂を訪れた。

  

想像以上!カタルーニャ音楽堂のこれでもかというオリジナリティー

トレドからマドリッドを経由してバルセロナへ。

特急AVEで爆睡の後に到着した後、

駅直結のホテルにチェックイン。

ariruariru.hatenablog.com

 

モダンなホテルで休息をとったあと、

その夜、私には 楽しみにしていた予定が入っていた。

それはカタルーニャ音楽堂でのコンサートだ!

 

カタルーニャ音楽堂は旧市街に建っている。

サンツ駅から地下鉄でカタルーニャ駅へ。

路地を入ると突然カタルーニャ音楽堂が現れた。

f:id:ariruariru:20190427154213j:plain

 

バルセロナの街は、旧市街と新市街に分かれている。

旧市街は細い路地がくねくねと続いていて、

新市街は規則正しい正方形の区画がきっちりと並んでいる。

まったく違う雰囲気だ。

 

カタルーニャ地方はスペインの中で

特異で複雑な歴史を持っている。

かつてイベリア半島イスラム勢力に支配された時代、

カタルーニャはその支配下ではなく、

フランク王国の一部だった。

その後スペインの勢力下におかれ、

スペインの独裁勢力時代は独自の言葉も文化も制限された。

 

カタルーニャ音楽堂は、そんな時代の中でも

カタルーニャの文化を失わなかった

バルセロナの人々の誇りと意地を感じられる場所なのだ。 

 

圧巻の空間!カタルーニャ音楽堂を満喫する!

カタルーニャ音楽堂の内部へ。

すごいキラキラした明るい建物!

個性的でかわいらしいステンドグラスが印象的だ。

 

建物の1階にはホワイエがある。

建物を楽しむために、かなり早く到着したので

ここでコンサート前の腹ごしらえ。

f:id:ariruariru:20190427154900j:plain

f:id:ariruariru:20190427154912j:plain

f:id:ariruariru:20190427154907j:plain

グラスワインと、いくつかタパスを注文した。

こんな空間でいただくなんて、ついついまわりを

キョロキョロ見てしまって落ち着かない。

そうこうしているうちに、お客さんが集まってきた。

 

そしていよいよホールへあがる階段へ。

すごく豪華で細かい設えだけど、

どことなくかわいらしい雰囲気。

f:id:ariruariru:20190427154920j:plain

ホールの中へ!きらびやかな光が降り注ぐホール内。

夜であることを忘れてしまいそう。

まるで自然光が入ってきているかのような明るさだ。

f:id:ariruariru:20190427154929j:plain

f:id:ariruariru:20190427154936j:plain

そしてなんといっても見事なのがこの天井!

ステンドグラスのシャンデリアのようなもの。

どうなっているのかわからない怒涛のステンドグラス攻撃!

ステンドグラスなのにこのやわらかい曲線。

不思議でなんだかゾワゾワしてくる。

f:id:ariruariru:20190427154950j:plain

モンタネール(ムンタネー)独特のデザイン。

オリジナリティーの塊だ。

 

そして楽しみにしていたフラメンコのショー。

f:id:ariruariru:20190427155010j:plain

 

音楽堂の内部をじっくり楽しみたくて訪れたコンサート。 

フラメンコのショーも素晴らしく、

そして建物は圧巻としか言いようがない。

今まで私が生きてきた中で見てきたものと

明らかに違う色彩とデザインがそこにはあった。

 

同じものは世界中どこを探してもきっとない。

圧倒的なオリジナリティーに感服した夜だった。 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村