「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「これが教会?入ってびっくり!爽やかな風を感じるサグラダファミリア」

2012年8月

 

この夏は、暑い熱いスペインを一人旅。

内陸の首都マドリッドから入り、

アンダルシア地方のグラナダコルドバと旅し、

古都トレドにも足を延ばした。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 そして、旅の最終地バルセロナへ!

 

スペインの中で、自分がどうしても

行きたいところだけをつまみ食いするような旅。

そんな私の旅に欠かせないのが「地球の歩き方」だ。

これがないと心配。いつも旅の相棒だ。

(今年も買ってしまいました。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/6時点)

 他のガイドブックを買ってみようかなと思った時もあったし、

昨今は紙のガイドブックはもう要らない?と思ったりも。

内容が薄くて、「おい!」と思うこともあるけど、

でも、やっぱり「地球の歩き方」は偉い!

旅好きのためのガイドブックだと思う。 

地球の歩き方」なしでは本当に歩けません。

 

目次

 

これが教会?爽やかな風を感じるサグラダファミリア

 この日は、サグラダファミリア大聖堂を訪れている。

サグラダ・ファミリア大聖堂は、バルセロナが誇る

天才建築家ガウディの作品だ。 

 まずは、大聖堂の周りをぐるりと一周した。

 

そして、いよいよ2010年に完成した大聖堂の内部へ。

うわ~!!広い~!!

f:id:ariruariru:20190330165241j:plain

内部に入ってみて驚いた。

これが教会?ものすごい開放感に溢れている。

f:id:ariruariru:20190330165249j:plain

森をイメージしてつくられたという聖堂内部。

なるほどと思わず納得する。

確かに森の中に足を踏み入れたような気分だ。

爽やかな風が吹いているような感じがする。

f:id:ariruariru:20190330165300j:plain

もちろんここは祈りの場。でも、なんだか

リラックスしにやってくる憩いの場所という雰囲気かも。

 

こちらの部分は、ステンドグラスが入っていなかった。

でもスペインの夏らしい日差しが思う存分入って

これはこれで素敵だ。

f:id:ariruariru:20190330165310j:plain

天井を見上げると、もうそこは何が何だか……。

凄すぎる!

f:id:ariruariru:20190330165321j:plain

サグラダファミリアの森に包まれて

一度は訪れたいと思っていた場所、サグラダ・ファミリア大聖堂。

外部の圧倒的な存在感に驚き、興奮のまま内部へ足を踏み入れた。

でもそこは、今まで行ったことのあるキリスト教の教会とは

まったく違った雰囲気。

 

建築家ガウディが、自然界にヒントを得てデザインしたと言う。

どうみても奇抜なデザインなのに、なぜか尖ってはいない。

それは自然界のなせる業なのか。

穏やかで温かい空気はそこには広がっていた。

 

扉に刻まれた各国語。この前で各国の観光客が母国語を探す。

もちろん私も。日本語で書かれた「われらの父」という文字を

見つけてうれしくなる。それはどこの国の人も同じだろう。

f:id:ariruariru:20190330165337j:plain

世界中から集まったさまざまな文化の人々が、

同じものを見て感動できる。感動を共有できる。

それって、素晴らしいことだなとあらためて思う。

f:id:ariruariru:20190330165345j:plain

やわらかい空気に包まれて、旅の楽しみを噛みしめる時間。

サグラダ・ファミリアの森に包まれて。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村