「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「さよならグラナダ、驚きと感動のメスキータ<コルドバで寄り道>」

2012年8月

 この夏は、スペインを気ままに一人旅。

マドリッドに数日滞在後、列車でアンダルシアのグラナダへ。

今日はとうとうグラナダを去って、

コルドバに寄り道してからマドリッドへ戻る。

 

目次

 

名残惜しいグラナダの街

アルハンブラ宮殿を訪れるために来たグラナダ

想像以上にとても魅力的な街だった。

 もっと長居したかったな。

後ろ髪をひかれながらグラナダをあとにする。

朝のグラナダ。涼しくて静か。

昨夜のにぎわいはどこへ?

f:id:ariruariru:20190329172210j:plain

まだ涼しい朝のうちにグラナダ駅へ。

f:id:ariruariru:20190329172219j:plain

9:10の列車でコルドバを目指す。

コルドバまでは約2時間20分。

車窓からの眺め。

f:id:ariruariru:20190329172245j:plain

昨夜からの体調不良はまだ戻らず。

まっすぐマドリードに戻ろうかと思ったけど、

長すぎる列車の旅もまた厳しい。

というわけで、予定通りコルドバで寄り道することにした。

 

メスキータの街 コルドバで寄り道

予定通り、昼前にはコルドバ駅に到着。

コルドバは、かつてイスラム文化が花開いた

アンダルシアの主要都市の1つだ。

f:id:ariruariru:20190329172251j:plain

想像以上に近代的な街並みが広がっていた。

f:id:ariruariru:20190329223110j:plain

駅から街歩きスタート。南に向かって歩く。

f:id:ariruariru:20190329223116j:plain

20分くらい歩くと、街の雰囲気が変わってきた。

ユダヤ人街だ。メスキータの北側に広がる、

迷路のような道が入り組んだ地域。

かつてユダヤ人が暮らしていた地域だが、

レコンキスタ後にはユダヤ人が追放された。

f:id:ariruariru:20190329223123j:plain

アンダルシアの暑い夏を過ごすために、

パティオが設けられた白い家々が並ぶ。

どの小径もかわいらしい。

f:id:ariruariru:20190329223137j:plain

うろうろしていると方向感覚を失ってしまう。

本当に迷路のように入り組んだ道ばかり。

でも、適当に歩いていたら行きたかった場所に出た。

 

共存に驚かされる! メスキータ

メスキータとは、かつてイスラム時代に

モスクとして建てられた建物だ。

かつてこの土地がイスラム教徒たちのものだったころ、

この場所につくられたモスク。

建設が始まったのは8世紀のこと。

何度かの拡張工事の結果、大モスクとなった。

コルドバで寄り道したのは、これを見たかったから。

ミナレットと呼ばれる尖塔が印象的。

f:id:ariruariru:20190329223157j:plain

f:id:ariruariru:20190329223208j:plain

免罪の門を抜けると、広い中庭に出る。

オレンジの木がたくさん!憩いの場が広がっていた。

f:id:ariruariru:20190329223217j:plain

メスキータの内部へ。

外観から想像していたよりも、めちゃめちゃ広い!

f:id:ariruariru:20190329223232j:plain

どこまでも幾重にも連なるアーチの連続。

ぞわぞわと鳥肌が立った。

イスラムの時代がいかに大きな支配力を持っていた

ことかがうかがえる。

そして驚きなのは、レコンキスタ後に

これを破壊しなかったことだ。

f:id:ariruariru:20190329223237j:plain

f:id:ariruariru:20190329223246j:plain

アラベスク模様やモザイクで飾られたミフラーブ。

ミフラーブとは、メッカの方角を示す壁がんのこと。

f:id:ariruariru:20190329223256j:plain

そして、このイスラムの神が宿る場所の一部が、

カトリックのカテドラルになっている!

なんという衝撃的な共存!

f:id:ariruariru:20190329223306j:plain

 

レコンキスタに思いを馳せて

レコンキスタ後も、この見事なメスキータを

すべて壊してしまうのはもったいないと思ったのだろうか。

建物の一部を改修して、イスラムカトリックを共存させるなんて

画期的というか、今ならそんな発想はないだろう。

 

窓のない密閉された空間が神秘的なメスキータ。

しかし、カテドラルに改修された部分には、

外からの眩しい光が降り注いでいた。

 

レコンキスタの歴史を目の当たりにするような

アンダルシアでの滞在。最後に見たのは

衝撃的な「共存」という形だった。

 

信仰の形に違いはあっても、信仰自体に違いはない。

ということなのだろうと、私は理解した。

 

2時間、爆睡……

さて、列車の旅に戻ろう。

充実のアンダルシアの旅だった。

体はクタクタだけど、コルドバもやっぱり外せない場所。

この列車でマドリッドへ戻る。

f:id:ariruariru:20190329223326j:plain

2時間、爆睡。

あっという間にマドリッドだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村