「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!健脚自慢がパリを行く?教会には入ってみよう!絶対に損はないから」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

健脚ぶりをいかんなく発揮!

1日限りのパリの街歩きを楽しんだこの日。

朝はモンパルナスタワーの朝食から始まり、

オルセー美術館、パレ・ロワイヤルとまわった。

その後は、サン・マルタン運河でしばしのんびり気分。

 

その後は、私たちの健脚ぶりをいかんなく発揮!

 

レピュブリック広場まで戻ると、

広場からのびる10本の道の中から

1本の道を選んだ。タンプル通りへ。

f:id:ariruariru:20191006221736j:plain

タンプル通りをまっすぐ南下していく。

通りすがりにあった大きなカトリック教会。

f:id:ariruariru:20191006221748j:plain

公園の前を通り過ぎると、道が細くなった。

歩くのが楽しい小径に。

f:id:ariruariru:20191006221758j:plain

f:id:ariruariru:20191006221815j:plain

 ふと右側を見ると、道の隙間から青い管の建物が覗いていた。

「?!」

f:id:ariruariru:20191006231418j:plain

もうそんなところまで歩いてきていたのか!

レピュブリック広場からすでに2キロくらい。

あの青い管は、ポンピドゥーセンターの裏手なのだ。

 

ポンピドゥーセンターとは、国立近代美術館が入る建物。

今回は、美術館の中を見る時間はないけど、

あの特徴的な建物だけでも見に行こうと、

通りを西へ入った。

f:id:ariruariru:20191006231440j:plain

f:id:ariruariru:20191006231500j:plain

ポンピドゥーセンターの南側の広場。

奥には歴史のあるそうな教会が見える。

さまざまな時代の建物が混在するパリそのもの。
f:id:ariruariru:20191006221840j:plain

 

そしてこちらが、ポンピドゥーセンター!

なんなんでしょう?この形というか、この形状?

ほんとに奇抜なデザインだ。ずっと工事中?って感じで。

1977年に開館した当時、賛否両論の嵐が吹き荒れたそうだ。

 

私も二十数年前に初めて来たときは

「???」となりすぎて、

しばらくぼんやり眺めていたのを思い出す。

f:id:ariruariru:20191006221854j:plain

 ポンピドゥーセンターからセーヌ川へ抜ける。

この道がさわやかで気持ちいい!

レストランやカフェが並ぶ、都会的な通り。

f:id:ariruariru:20191006221910j:plain

街の中心地に戻ってきたという感じ。

先ほど広場から見えた教会が開いている。

f:id:ariruariru:20191006221921j:plain

 

教会には入ってみよう!絶対に損はないから!

すばらしい装飾の見事な外観。

中へ入ってみた。

f:id:ariruariru:20191006221932j:plain

 一部は工事中だったが、美しい教会。

ポンピドゥーセンターやセーヌ川などの

観光地の真っただ中にある地元の教会だ。

f:id:ariruariru:20191006221942j:plain

 街の教会らしく、庶民的な雰囲気だけど、

素晴らしいステンドグラスがキラキラしている。

f:id:ariruariru:20191006221952j:plain

 赤い扉が印象的。

しばらく過ごすだけで心穏やかに。

f:id:ariruariru:20191006221958j:plain

 

旅人にとってのキリスト教の話

初めてヨーロッパへ来たときは、

街の中で度々出くわす教会をどうやって鑑賞すればいいか、

どうやって楽しんだらいいかわからず、困惑したものだ。

開いている教会でさえ、勝手に入っていいのかな?とためらった。

 

宗教の話は単純化するのが難しい。

でもむりやり単純化するとすれば、

ヨーロッパの文化とキリスト教

切っても切れない関係だということ。

 

それはどこの国や地域にも言えることだが、

ヨーロッパの文化は、それが顕著でわかりやすい。

そして、ヨーロッパの人々からは

キリスト教に守られている自信や、

逆にキリスト教を守ってきた自負を感じる。

 

私はキリスト教徒ではないけど、

今はヨーロッパを知るために、

キリスト教を知ろうという意欲を持っている。

なぜこんなにもヨーロッパに惹かれるのか、

その理由をいつも探しながら旅をしているのだ。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ