「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!変わらないパリと変わっていくパリ。サン・マルタン運河を眺めながら」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

パリの街歩きは、やっぱり楽し!

午前中はオルセー美術館へ。

美術館の中のレストランでランチ。

ariruariru.hatenablog.com

 

 優雅な気分に浸ったあとは、パレ・ロワイヤルまで散歩。

ariruariru.hatenablog.com

 

ギャルリーヴィヴィエンヌを抜けて北上する。

中心から少し離れただけで、静かな街並み。

証券取引所(ブルス)までやってきた。

 

お?!証券取引所がなんだか派手なことになってるぞ。

f:id:ariruariru:20191006205926j:plain

f:id:ariruariru:20191006205939j:plain

柱がとってもカラフル!

古い建物に現代的な色合い。びっくり!

それにしても、すばらしい建築物だ。

f:id:ariruariru:20191006205951j:plain

f:id:ariruariru:20191006210007j:plain

すぐそばの駅のサインもパリらしくて素敵。

ブルス駅から3号線に乗り込む。

f:id:ariruariru:20191006210019j:plain

パリの地下鉄は、昔に比べると格段に美しくなった。

ブルスの駅はちょっと昔風。なんか落ち着く。

f:id:ariruariru:20191006210114j:plain

 

数分地下鉄に揺られて到着したのは、レピュブリック駅。

こちらも昔ながらのパリの地下鉄駅っぽい雰囲気。

f:id:ariruariru:20191006210134j:plain

地上に上がると、レピュブリック広場のど真ん中だった。

広場のど真ん中に立っているのは、

フランスの象徴となるマリアンヌ像だ。

マリアンヌは、自由の象徴である女神様。

f:id:ariruariru:20191006210150j:plain

 ガイドブックなどによると、この界隈はあまり治安がよくないとか。

夜に訪れない方がいいとか、スリに注意!とか。。

その他の情報はほとんどなく、注意書きばかり。

どうりで今まで訪れていなかった場所だ。

知らず知らずのうちに避けていたのだろう。

 

でも、今回初めて訪れてみて、そんな雰囲気は全くなかった。

真昼間だったし、広場は改修されて美しくなっているようだ。

 

広場からは10本もの道がのびている。

その一つを歩いてみる。飲食店などが軒を連ねる活気ある通りだ。

f:id:ariruariru:20191006210427j:plain

 

ようやく来れた!サンマルタン運河!

5分ほど歩くと、道の先にぶつかるのが、サン・マルタン運河。

そう、ここに来てみたかったのだ!

この印象的な風景。映画や絵葉書で見覚えがある。

f:id:ariruariru:20191006210415j:plain

 何度か行ってみたいと思いながら行きそびれていたところの1つ。

 

サン・マルタン運河は、ラ・ヴィレット貯水池から東駅の東を通って

バスティーユ広場南のアルスナル港に続く運河だ。

ナポレオン時代に建設され、今でも船が行き交うという。

f:id:ariruariru:20191006210446j:plain

運河の周りにの並木が美しくて、鉄製の橋と調和している。

界隈はパリの下町の雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20191006210508j:plain

 

変わらないパリと変わっていくパリ

6年ぶりに訪れるパリ。

昨今、日本で見聞きするパリのニュースは

華やかなものではないことも多い。

f:id:ariruariru:20191006210531j:plain

 

 

今回の旅で、確かに6年前とは違う雰囲気を感じることもあった。

街にゴミがたくさん落ちていたり、

路上でさまざまなものを売っている人(おそらく違法で)を

以前よりもたくさん見かけたり。

もちろん、私個人の主観的な見解なのだが。

 

街は変わるし、変わることが悪いわけじゃない。

変わらないことに価値がある場合もあるけど、

変わっていくことに価値が見出す場合もある。

 

旅人としてできることは、ただその空気を受け入れて

その空気に溶け込もうとすることだけだ。

 

そんなことを考えながら、昼下がりの

サン・マルタン運河をぼんやり眺めた。 

 

中心地から、少しだけ離れたパリの街は何ら変わらない。

のんびりしていて、のどかな空気がそこにある。

やっぱり、パリが大好きだ。私は。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ