「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!いよいよバスク地方へ突入!バスク鉄道でスペインのサンセバスティアンへ」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばした。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

快適TGVでフレンチバスクを駆け抜ける

フランスのボルドーからTGVに乗って2時間半。

ariruariru.hatenablog.com

 

 途中、バイヨンヌを通り、

f:id:ariruariru:20191216214836j:plain

ビアリッツ。だんだん街の雰囲気が変わっていくのが

車窓からでもわかる。そう、もうここはバスク地方だ。

f:id:ariruariru:20191216214852j:plain

バスクとは、フランスとスペインにまたがる地方で、

ここに国境が引かれるもっと前から、

豊かな自然とともに暮らす人々がいた場所だ。

バスク地方には独特の文化が栄えている。

 

例えばバスク特有の言語であるバスク語は、

ヨーロッパのどの言語の影響も受けていない言葉と言われる。

今ではバスクの一部はフランスなので「フレンチバスク」、

一部はスペインなので「スペインバスク」と呼ばれている。

 

アンダイエに到着!バスク鉄道へ

快適な列車旅で到着したのは、アンダイエという街だ。

アンダイエは、フランスの南西にある国境の街。

TGVの終着点。いよいよフランスとはお別れだ。

f:id:ariruariru:20191216211602j:plain

こちらがアンダイエ駅。ちょっと空模様が怪しい。

f:id:ariruariru:20191216211613j:plain

アンダイエ駅を出てすぐのところに、

とってもこじんまりとした駅舎がもう一つある。

 

こちらはバスク鉄道のアンダイエ駅。

ここからはバスク鉄道に乗り換えて、

スペインのサンセバスティアンを目指す。

 

TGVから乗り換える客が多くて、

切符の購入に少し並んだけど、

よくよく見渡してみればそんなに人が多いわけでもない。

駅舎が小さいので満員に感じただけだったようだ。

f:id:ariruariru:20191216211626j:plain

バスク鉄道とは、エウスコトレンと呼ばれる私鉄。

フランスのアンダイエと、スペインのビルバオを各駅停車で結ぶ

まさにバスク地方をかけぬける鉄道だ。

 

10分少々で電車がやってきた。

想像以上に近代的な車両でびっくり!

f:id:ariruariru:20191216211640j:plain

独特なバスク語バスクの文化を存分に味わいたい

駅の名前の表記「エンダイア」はバスク語だ。

ここからは、フランス語とバスク語スペイン語が入り交じった世界。

f:id:ariruariru:20191216211717j:plain

バスクの人たちは、自分たちのことをフランス人や

スペイン人とは呼ばず、バスク人と呼ぶ。

国境線なんて関係ない。強いつながりを持つ地域。

 

私の子どものころのイメージでは、「怖いところ」だ。

それはこのバスクで過激な独立運動が起きていて

テロ事件のニュースを何度も聞いていたからだ。

その場所へ今、安全に来れるようになったこと自体が

うれしいし、感慨深い。

 

さて、車両の中もとっても近代的。

私のバスク鉄道のイメージとはかなり違っていて……

f:id:ariruariru:20191216211702j:plain

のんびりしたバスク鉄道の旅。

フランスのアンダイエから、

目的地スペインのサンセバスティアンまでは約40分ほど。

 

サンセバスティアンとはスペイン語の呼び名で、

バスク語だとドノスティアと呼ぶ。

でも降りる駅は「アマラ」だ。いよいよ到着!

f:id:ariruariru:20191216211802j:plain

さて、楽しみにしていたサンセバスティアンでの滞在が始まる。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ