「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!存在感たっぷり!オンダリビアのパラドールへ突入だ!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 目次

 

オンダリビアは想像以上に華やかな街!

サンセバスティアンから1泊旅で訪れたのは、

フランスとの国境の街、オンダリビア

ariruariru.hatenablog.com

 

バスの停留所から少し戻ったところにある

こんなエレベーターに乗って、上の街へ。

f:id:ariruariru:20200202185243j:plain

エレベーターの上に見えているのが、

私たちの今夜のお宿、パラドールの建物だ。

パラドールとは、スペイン国営の宿泊施設のことで、

歴史的な建造物を利用したもの。

 

オンダリビアの旧市街は高台の上にある。

中世は要塞都市だった名残で、街は城壁で囲まれている。

f:id:ariruariru:20200202211438j:plain

エレベーターを降りると、

そこにはこんなかわいらしい街並みが!

なんてカラフル!華やか!

f:id:ariruariru:20200202211420j:plain

素敵な街!反対側をのぞむと、わぁ、こちらも素敵!

f:id:ariruariru:20200202211459j:plain

対岸に見えているのはフランスのアンダイエ。

フランスからスペインへ入る時に、

TGVからバスク鉄道に乗り換えた街だ。

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

存在感たっぷり!「パラドール・デ・オンダリビア

エレベーターで上がった場所は、

パラドールの裏手にあたるので、

通りをまっすぐ進んでアルマ広場へ向かう。

 

なんてかわいらしい街並みだろう。

 魅力的!サンセバスティアンとも全く違う。

f:id:ariruariru:20200202211636j:plain

パラドールが建つアルマ広場へ出た。

広場を囲む建物もどれも素敵。

広場にはカフェのテーブルが並び、とてもいい雰囲気。

f:id:ariruariru:20200202211703j:plain

そして、その広場に面している存在感たっぷりのこちらが、

「パラドール・デ・オンダリビア」だ。

f:id:ariruariru:20200202211851j:plain

すごい……。ここに泊まるのか、私たちは。

 

実は、バルめぐりのバイブル(?)として

私たちが読みまくっているこちらの本には、

「パラドール・デ・オンダリビア」のことも載っている。

 「中世のお城に泊まってみよう」という魅惑的なフレーズ。

このパラドールの建物は、10世紀に建てられた

スペインの王様カルロス5世のお城らしい。

 

いや、すごい。

お城風の建物じゃなくて、本当のお城に泊まっちゃうなんて。

生々しい砲弾の跡なんかも残っている建物は、

きらびやかなお城ではなく、まさに中世の戦う城だ。

 

さあ、パラドールの滞在を、思いっきり楽しむぞ!

f:id:ariruariru:20200202211734j:plain

お城へ突入だ!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ