「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーの素敵な街並みとお別れの時!古い街並みの名残を感じる大鐘楼界隈へ」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

素敵な界隈!ボルドーの大鐘楼へ

この日でボルドーの街とはお別れ。

12:02のTGVでボルドーを発つ予定だ。

駅前の便利なホテルに荷物を置いて、

昼までの時間を街歩きに費やしているところ。

ariruariru.hatenablog.com

 

今日もいい天気だ!

サンミッシェル大聖堂まで歩いたところ。

ariruariru.hatenablog.com

 サンミシェル大聖堂の広場からは、

いくつもの通りに出ることができる。

方向感覚を失いながらも、なんとなく北西を目指していたら、

大鐘楼(大時計)付近に出ることができた。

 

f:id:ariruariru:20191207224216j:plain

ヴィクトル・ユーゴー通りのそばにある大鐘楼(大時計)は、

かつての城門の上に大きな鐘が据えられている。

思っていたよりもずっと大きい!
f:id:ariruariru:20191207224226j:plain

大鐘楼にある2つの大時計は、南側の時計は18世紀に、

北側は15世紀に作られたもの。

建物自体は13世紀のもので、

塔には大きな鐘が備えら付けられている。

 

大鐘楼に近づいてみると、その向こうの街並みが気になってしまった。

アーチの向こうには、雰囲気のある街並みが見えているのだ。

f:id:ariruariru:20191207224234j:plain

狭い道の両側に商店などが並んでいるようだ。

南から北へくぐって振り返ったところがこちら。

f:id:ariruariru:20191207224245j:plain

日向と日陰のコントラストが美しい。

これも湿気の少ないカラッとした気候のおかげだ。

この細い道は、サン・ジェームス通り。

f:id:ariruariru:20191207224312j:plain

日本食材を売っているお店なども並んでいた。

道幅が狭いので、通りからは大鐘楼の全貌は見えない。

f:id:ariruariru:20191207224327j:plain

この大鐘楼からアーチをくぐって細い通りに入る辺り、

いかにもヨーロッパの古い街並みの名残が感じられて

素敵な雰囲気だった。

 

教会を訪れると思うこと、いろいろ

さて、その後出くわしたのは、サンポール教会。

f:id:ariruariru:20191207224340j:plain

地元の教会のようだが、建物が美しい。

(巨大なスタジアムのすぐ横だった)

f:id:ariruariru:20191207224348j:plain

f:id:ariruariru:20191207224359j:plain

あぁ、もうそろそろホテルに戻らなきゃいけない時間だけど、

目の前にこんな教会が建っていたらやっぱり入ってしまうでしょう。

ということでお邪魔してみると、日曜日なのでミサ中だった。

f:id:ariruariru:20191207224411j:plain

邪魔をしてはいけないと思いながら、

一番後ろの端っこで気配を消して見学中。

f:id:ariruariru:20191207224421j:plain

日常の私は、宗教に興味が特にあるわけでなく、

日本人の多くがきっとそう思っているのと同じように、

「自分は無宗教だ」という暮らしを送っている。

 

十代で海外に出た時、自分の宗教観や宗教に対する考えを

説明できない自分にがっかりした経験がある。

それ以来、自分の考えを表現することぐらいは

ぜひできるようになりたいと思うようになった。

そう思ったきっかけが「宗教について」だったのだ。

 

教会は、それを自分の肌感覚では感じ取れるような気がして、

気持ちが引き締まる。そして、何かを信じたい気持ちや、

信じたいものに人間が求める空気感には、

宗教を超える共通点があるように思えて、ホッとする。

例えば、それは静寂や荘厳さなどだ。

 

名残惜しいボルドーの街を離れる時

名残惜しいボルドーの街だけど、

だんだんタイムリミットが近づいていた。

パリでのことがあったので、

TGVの時刻を気にしながらの街歩き。

(パリでのこととは……こちら ↓ )

ariruariru.hatenablog.com

 

さて、ホテルへ戻ろう!

f:id:ariruariru:20191207224522j:plain

通りすがりに、ブルゴーニュ門。

かつての城塞都市だったボルドーの名残だ。

f:id:ariruariru:20191207224534j:plain

この門からバスに乗って駅前へ向かおうとするが、

バスがなかなか来なくて焦る。

f:id:ariruariru:20191207224603j:plain

なんとか満員のバスに乗り込んで駅へ。

初めて訪れたボルドーの街。

パリとはまったく違う魅力にあふれた街だ。

サンテミリオンや、メドックのシャトーめぐり、

もっともっと滞在してもまだまだ楽しめる街だった。

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

いよいよ旅は中盤へ突入!

フランスからスペインをめざす。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ