「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!のんびり旅モードのカルチェ・ラタンからTGVへ猛ダッシュ!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

駆け足のパリを楽しんで

パリで過ごす短い時間。

のんびり優雅に過ごしたいところだけど、

この日の夜にはTGVでボルドーへ移動する私たち。

イムリミットが迫ってくる。

 

この日は、オルセー美術館からパレ・ロワイヤル、

サン・マルタン運河、そしてノートルダム

ariruariru.hatenablog.com

 

あの火災が起きてから、初めて訪れたノートルダム大聖堂

複雑な思いがせめぎ合いながら、南へ歩く。

f:id:ariruariru:20191011222104j:plain

シテ島から南へ下ると、そこはカルチェ・ラタンと呼ばれる地区。

こんかいの旅では、移動を考えてモンパルナスのホテルをとったが、

過去の旅では、カルチェ・ラタンに宿をとっていた。

  2013年の旅はこちら

    ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

カルチェ・ラタンは、パリの文教地区で

学生街が広がっている。夏のバカンス期間は

大学などが休みなので、静かで過ごしやすい地区だ。

学生街なので気軽に入れる店も多い。

f:id:ariruariru:20191011222116j:plain

 

カルチェラタンでのんびり休憩を

朝から目まぐるしく過ごしたパリ。

この辺りでちょっと休憩したい。

でもこのあたりをぶらぶら歩くのも楽しいな。

左は、サン・セヴラン教会。

f:id:ariruariru:20191011222124j:plain

教会とカフェが隣り合って調和するパリらしい界隈。

それにしても、サンセヴラン教会は立派な教会だ!

f:id:ariruariru:20191011222133j:plain

内部には入れなかったけど、とても古い教会のようで、

鐘楼にはパリ最古の鐘があるという。

教会の脇道を西へ入っていくと、たくさんのカフェやレストランが。

 

その中の一件でちょっと休憩。

ちょっと曇り空で蒸し暑かったこの日のパリ。

炭酸が恋しい気候だった。

ファンタオレンジとレモネード。

f:id:ariruariru:20191011222146j:plain

 

旅時間、心がほどける感覚。特に南ヨーロッパ

パリでもう1泊の予定だったら、

ここでお酒を飲んでいたかもしれないなぁ。

とか思いながら、このお店で1時間くらい、

道行く人を眺めたり、この日の街歩きを思い出したり、

のんびり寛ぐ。都会で過ごすバカンスの気分が

私たちにもしっくりくるようになっていく。

 

だいたい旅の初日は、日本の時間の感覚で動いてしまう。

だんだんヨーロッパの時間、バカンスの時間に

身も心も委ねられるようになっていく。

身も心も柔らかくほぐされていくような感じ。

 

日頃の私は、わりと几帳面で計画したことは

計画通り遂行したいタイプだ。

でも、いったん旅にでると、とくに南欧の旅では、

自分で立てた計画すら、どうでもよくなっていく。

 

そして日本では、その時の気分よりも、計画に支配されて

行動している自分、その時の気分で動いたり、

予定を変更することに罪悪感すら覚えている自分に気づく。

 

国内でも長い旅に出れば、きっと同じこと起こるのだろうけど、

ヨーロッパの人たちののんびりした雰囲気や、

日本人よりももっと、「今」の自分自身の心地よさを

最優先して生きているような雰囲気のおかげで

心がほどけるのが速いような気がする。

 

しかし!この後、あわや大失敗……!

しかし!

この日は、この後あわや大失敗をするところだった。

のんびり寛ぎの時間を過ごしたカルチェ・ラタン。

……のんびり気分に浸りすぎたのだ!

 

休憩のあと、カルチェ・ラタンをしばらくぶらぶら。

後から思えば、もうすでにこの時の歩く速度が

かなり落ちていたと思われる。

のんびり旅モード全開!南ヨーロッパ仕様に。

 

この日の夜、モンパルナスからTGVでボルドー

移動する予定なのだ。TGVの出発時刻は18:47。

18時にはモンパルナスへ戻って、

駅周辺で飲み物や食べ物を買って、

ホテルで預けていたスーツケースをもらう予定だった。

 

しかし、メトロのオデオン駅から、

4号線に乗ってモンパルナスに帰ろうと思ったら、

4号線は工事中。

しかたないので10号線に乗って、乗り換えてモンパルナスへ。

 

こんな感じで、ちょっとずつ、

予定時刻に狂いが生じていたのだ。

しかし、すでにのんびり旅モードのスイッチに

切り替わってしまった私たちは、

そのことに気づけていなかった。

 

モンパルナス駅のそばにある「モノプリ」で

サンドイッチを買おうか、パスタを買おうか、

水は何本買おうか、、、、。

うだうだ言ってるうちに……!!

 

気づけば、18:40になっていた。

18:40……!?

TGV発車まで、7分!

そのことに気づいたとき、

私たちはまだ「モノプリ」のレジに並んでいた。

お会計をして、ホテルに戻って、

スーツケースをもらって、、、。

 

というわけで、ここから先は、猛ダッシュ!!

のんびり旅モードもいったん忘れ、

モンパルナスの人ごみを走った、走った!

 

もちろん、写真をとる余裕もなく、

次の写真は、もうTGVの中。

なんとか間に合った!

 

TGVの1等席で快適な鉄道旅へ!

何とか間に合ったTGVに乗り込む。

乗り込んだのは、この日最終のTGV。

もし乗り遅れていたら……と思うと、背筋が寒くなる。

この日のうちにボルドーには入れないし、

パリでもう一泊ホテルを探すのもきっと大変。。

あー、間に合ってよかった。反省。反省。

 

パリからボルドーまでは、TGVで約2時間。

日本からネットで予約した一等席!

たまたま、安く予約できた。

TGVは、夏のバカンス時期は予約が必須だ。

普段は2等席だけど、今回は安く変えたのでリッチに1等席。

f:id:ariruariru:20191011222241j:plain

ネットで予約、クレジットカードで支払い、

自分でプリントアウトしてもいいし、

スマホにQRコードを保存してもいい。

私は、プリントアウトもしてスマホにも保存していた。

ダッシュで改札へ走ったとき、

スマホを出すより紙が便利だった。

良かった……プリントアウトしておいて。

 

2人向かい合わせの席を予約していたので、

席の目の前が荷物エリア。

目の届くところに荷物があるので安心だ。

2人旅なら、この向かい合わせの席が快適だ。

ネットで席を選択することができるので便利!

 

フランス国鉄のHP→https://www.sncf.com/fr

 

ダッシュの余韻に浸りながらの出発。。。

f:id:ariruariru:20191011222204j:plain

20分くらい経って、ようやく落ち着いてきた。

f:id:ariruariru:20191011222215j:plain

バタバタの中で購入したフルーツとパスタ。

買いすぎ?っていうミネラルウォーター。

これが、猛ダッシュの時に重たかったのだけど。

(割りばしは日本から持参したもの。割りばしさえあればほぼなんでも食べられる。)

f:id:ariruariru:20191011222224j:plain

f:id:ariruariru:20191011222233j:plain

ボルドーまでの快適な2時間。

 のんびり旅モード全開になりすぎて、

あやうく乗り遅れそうになったバタバタを反省しつつ、

次なる目的地ボルドーに思いを馳せる。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ