「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!幻想的でミステリアス!ボルドーのブルス広場に現れる水鏡」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

美しい世界遺産の街ボルドーに夜がやってくる

美しい世界遺産の街ボルドーの夜がやってくる。

この夜は楽しみにしていたブルス広場の水鏡へ。

野菜たっぷりの簡単ごはんを食べてから、

歩いてブルス広場へやってきた。

 

風が心地いい。昼間は35度くらいの気温になったが、

湿度が低く、朝晩は過ごしやすい気候だ。

f:id:ariruariru:20191109205857j:plain

ブルス広場も夕刻の光に包まれて、

だんだん暗闇が近づいてくる。

美しいな。ため息が出る。

f:id:ariruariru:20191109205908j:plain

 

水鏡を考えた人、すごい!美しい景色に魅了される

ブルス広場から通りを渡って川沿いに出る。

ここが水鏡の場所だ。空の色が美しい。

f:id:ariruariru:20191109205918j:plain

たくさんの人が思い思いに気持ちの良い夕刻を過ごしていた。

こうやって川沿いの建物を見ると、本当に三日月のように

曲線を描いているのがわかる。

ボルドーは海沿いではないが、このガロンヌ川沿いに

発達した河川港の街だ。

f:id:ariruariru:20191109205930j:plain

水鏡のしくみは、非常に浅いプールのようになっていて、

底にいくつかの水が出てくる口がついている。

まるで地面から水がしみ出すように均一に

四角い湖ができあがるのだ。

じゃぶじゃぶ歩く人もたくさんいたりして。

 

でもできれば、風も止んで建物が写り込むのを見たいのだけど。

この日は結構風もあって、気持ちいい。

水鏡にも、さざ波が立っている。

f:id:ariruariru:20191109205938j:plain

ガロンヌ川側も気持ちいい!

ピエール橋がとてもきれいに見える。

f:id:ariruariru:20191109210002j:plain

 

だんだん暮れるボルドーの楽しみ方

だんだん暮れてくる。

いい場所を陣取ってしばらくぼんやり楽しんでみる。

f:id:ariruariru:20191109210033j:plain

だんだん光の向きや彩度が変わってくるから

水鏡が海にも川にも見えてくる。

これ考えた人、すごいなぁ。

 

しばらくすると建物のライトアップが始まった。

美しい!なんかミステリアスな雰囲気も。

f:id:ariruariru:20191109210054j:plain

しばらくすると、水鏡の水が引いていく。

水鏡は限りなく浅い水たまりのような状態に。

f:id:ariruariru:20191109212302j:plain

幻想的なボルドーの水鏡の真骨頂。

素晴らしい!!!

f:id:ariruariru:20191109212519j:plain

楽しいボルドーの夜の楽しみ方。

ブルス広場の水鏡で間違いない。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ