「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉の世界」に興味あり。

≒(ニアリーイコール)を楽しむ言葉の世界「Good morning」は「おはよう」なのか?

※今日は旅の復習をお休みして、言葉のお話を書きたくなった。

目次

 

私は「言葉」が好きだ

f:id:ariruariru:20200119211434j:plain

(スペインのサンセバスティアンのバルにて 2019年夏)

 

私は「言葉」が好きだ。

そんなことをわざわざ書いたら、変な人ってことになるだろうけど、

言葉の成り立ちや、言葉の端々から伝わることがとても気になる。

 

他の人よりも、自分が「言葉」そのものに興味を持っていると

気づいたのは、ずいぶん大人になってからだった。

 

若い時、英語を勉強するためにカナダに短期留学をしたことがある。

滞在中に、多少は英語を話せるようになった。

でも、日本に帰ってきてから思ったのは、

その時英語で感じたことを、どうやっても

日本語では表現しきれないということだった。

 

日本語と英語は違う言語なんだから、

どんな単語も「=(イコール)」で結ばれることはない。

どんなに頑張っても「≒(ニアリーイコール)」にしかならないのだ。

 

あたり前といえばあたり前のことだが、

若い頃の私には気づかないことだった。

この私の「気づき」について、

何人かの知人には話したことがあるが、

誰にもしっくりこないようだった。

まあ、そこは私の説明に問題があるのかもしれないが。

 

気づけは、私の本棚には言葉に関する本が増えていった。 

f:id:ariruariru:20200315223524j:plain

とにかく、私は人が気にしないようなことが気になるのだ。

私が気になることは、大多数の人には気にならないことなのだ。

ということに気がつくまで、ずいぶんの年月を要した。 

 

「Good  morning」は「おはよう」なのか?

f:id:ariruariru:20190116144129j:plain

アメリカ シアトルの早朝 2018年夏)

 

「Good morning」は果たして「おはよう」なのだろうか?

「Good morning」は、直訳すれば「良い朝」ということになる。

これは欧米の言葉にはよく見られる、

「良い朝をお過ごしください」という意からきているのだろう。

つまりは、「Have a good morning」の省略形。

 

フランス語の「Bonjour」も、イタリア語の「Buon giorno」も、

「朝」と「日」の違いはあるものの、言葉の成り立ちは同じだ。

(この「朝」と「日」の違いについてもぜひ今度書きたい。)

 

日本語の「おはよう」は、これとはまったく成り立ちが違う。

「おはよう」は「お早う」であり、

「お早いですね」という相手に対する投げかけだ。

「朝が早いことは良い」というニュアンスを含んでいる。

または、「朝が早くて精が出ますね」というようなニュアンスも。

 

さて、「Good morning」は果たして「おはよう」なのだろうか?

 朝のあいさつとしてはもちろん正しいが、意味としては、

 

「Good morning」≒「おはよう」

 

やっぱりどうしても、「≒(ニアリーイコール)」なのだ。

 

≒(ニアリーイコール)を楽しむ言葉の世界

f:id:ariruariru:20180905215454j:plain

バンクーバーへ向かう飛行機から 2018年夏)

 

この世の言葉は、すべて「≒(ニアリーイコール)」にしかならない。

私はそう思っている。

100%の「=(イコール)」で結ばれる言葉は存在しない。

それは、違う言語同士はもちろんのこと、同じ言語でも。

 

でも、だからこそ言葉はおもしろい。

成り立ちはまったく違うのに、

現在は似た言葉として使われているもの、

同じ意味として翻訳されているもの、

似たニュアンスを与えるものがあったり、

その逆があったり。

 

言語を育む歴史や風土、文化の中で移ろっていくのがおもしろい。

この「≒(ニアリーイコール)」の言葉の世界を

存分に楽しみたいと思う。

 

また、気が向いたらこの続きを書いてみる。

 

この本のタイトルだけで感激しました。

この本が好きな人とは話が合いそうな気がします。

   ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

翻訳できない世界のことば [ エラ・フランシス・サンダース ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/3/15時点)

 

(すべて、私の個人的な見解です。)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ