「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

イタリア中部の旅「ウフィッツィで宝探し」<フィレンツェ>

 

2015年8月

 

この夏は、イタリア・フィレンツェへ。

気心知れた友人と2人旅。

イタリア中部をめぐってフィレンツェに戻ってきた。

 

 

ウフィッツィこそフィレンツェそのもの

 

 16世紀。ヴァザーリが創建したウフィッツィ。

当初は行政機関を一か所に集める目的でつくられた。

その後、メディチ家所有の美術作品が納められるようになり、

今日のウフィッツィ美術館となる。

 

今回はネットでチケットを予約してきた。

夏休みで混むことが予想されたから。

予約していなくても、チケットを事前購入しておけば

並ぶ必要はほとんどない。

しかし、思い付きで行ってしまうと2時間待ちという

こともある。

何しろ見どころの多い美術館だから。

まず、建物そのものも見どころだ。

 

作品の数々も豪華なもの。

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」

f:id:ariruariru:20180422002255j:plain

 

ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生f:id:ariruariru:20180422002353j:plain

 

回廊に沿って設けられる小部屋が各展示室になっており、

順番に見ることができる。

とてもわかりやすい美術館だ。

 回廊をアルノ川まで進むと、素晴らしい景色も

楽しむことができる。

これもウフィッツィ美術館の魅力の一つ。

 

https://www.instagram.com/p/Bf4NU94nM5b/

数多ある有名作品に翻弄されながら回廊を進むと、

ガラス張りの向こうにアルノ川。

ウフィッツィ美術館からの眺望。得した気分。

 

さらに進むと、昔はなかったテラスがある。

素晴らしい作品に酔ってしまったあとは

贅沢な眺めを見ながらテラスで休憩。

バールがあって飲み物や軽食もいただける。 

 

https://www.instagram.com/p/Bh1tQCGnreg/

ダ・ヴィンチの受胎告知や

ボッティチェッリのヴィーナスの誕生に酔いしれた後、

ウフィッツィのテラスへ出た。

フィレンツェは芸術と生活の境目がない街。

 

フィレンツェは芸術と生活に境目がない。

生活そのものが芸術だ。

芸術が特別なことではないと感じさせてくれる。

守るのは大変だけど、それが当たり前。

フィレンツェは、尊敬できる街だった。 

 

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村