「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

カナダ&アメリカ旅「シアトルはスタバ!スタバ!スタバ!」

  

2018年8月

 

久しぶりのアメリカ大陸。

カナダのバンクーバーから、

鉄道で国境を越え、

アメリカのシアトルへ。

アムトラックカスケードという、

大陸鉄道は、どこかノスタルジックな雰囲気だった。

ariruariru.hatenablog.com

 初めて乗る電車にワクワクして、

4時間半の旅もそんなに長くは感じなかった。

初めてのシアトル。

二十数年ぶりのアメリカ。

新鮮な旅が始まる。

 

これがシアトルなのだ!

 

シアトルはアメリカの西海岸北部に位置する、

ワシントン州の州都だ。

複雑な海岸線に沿って発展した港町。

アメリカの中では、

住みやすい街として知られている。 

https://www.instagram.com/p/BmsA1a4A4EW/

爽やかに晴れ渡るシアトルの街。

港町ならでは活気と洗練された雰囲気をあわせ持つ魅力的な都会。

 

シアトルといえば、

世界的な有名企業の本社があることでも知られる街。

中心地はもちろんビル群が広がっている。

でも海が近い。

急な坂道を西に下れば海に出る。

いくつもある埠頭には、

市場やレストラン街が広がっている。

 

シアトルは大都会だが、

港町から発展した風情も残している街。

市場は観光客でごった返しているけど、

ちょっと庶民的な匂いを残している。 

 

トンネルバス駅って何?

 

鉄道で到着したキングストリート駅は、

市街地の南端にある。

ここからバスに乗って、

中心地のホテルを目指した。

 

このバスが不思議な感じ。

地下トンネルの中をバスが走っている。

渋滞の緩和のために作られたというトンネル。

じゃあ地下鉄を作ればいいような気もするのだが…。

トンネルは市街地だけで、

市街地を抜けると地上にあがるしくみ。

 

行く前は、ガイドブックにかいてあった

「トンネルバス駅」という言葉に違和感があったが、

行ってみると確かに「トンネルバス駅」だった。

バスと同じところを、ライトレールという

電車も走っている。 

f:id:ariruariru:20180930095548j:plain

 バスでウエストレイク駅まで。

シアトルの交通機関は「オルカカード」という

電子カードが便利だ。

カード本体に5$かかるが、

交通機関が発達している都会に何日か滞在するときは、

電子カードを使うことにしている。 

 

シアトルと言えば、スタバ!

 

シアトルと言えば、

マイクロソフト、アマゾン、そしてスタバ!

 

実はそんなにスタバが好きではないのだが、

本店には興味があるので行ってみた。 

f:id:ariruariru:20180930095557j:plain

f:id:ariruariru:20180930095751j:plain

 スタバの本店は大変な人だかり。

本店はおなじみのロゴとは違って、

一見するとスタバとはわからなかった。

お店は狭くて、イートンインスペースもない。

サンドイッチなどの軽食も売ってなかった。

 

あまりもの人の多さにこの日は断念。

日を改めてモーニングコーヒー

買いに行くことにした。

 

私は無類のコーヒー好きだが、

濃いイタリアンコーヒーが好き。

薄いコーヒーは嫌いだ。

日本でもスタバには数回しか行ったことがない。

 

しかし、今回の旅では、

シアトルはもちろんバンクーバー

角をまがるごとにスタバがあるのではと

思うほど街はスタバだらけ。

街行く人の手にはスタバのドリンク。

改めてのスタバ人気にちょっと困惑した。

 

スターバックスの魅力

 

今まで、私の中では

「スタバのコーヒーは薄くてまずい」という

イメージだったのだが、

今回の旅で、

みんながなぜそんなにスタバが好きなのか

ようやく実感をもってわかった。

 

スタバの魅力はカスタマイズ。

濃いイタリアコーヒー好きの私にも、

注文の仕方次第では

ぴったりくるコーヒーがあったのだ。

 

日を改めて朝のスタバ本店。 

f:id:ariruariru:20180930095851j:plain

 イタリアンコーヒーは

すべてエスプレッソから淹れるため、

エスプレッソコーヒーの種類から選ぶ。

朝はミルクも飲みたいので、

「フラットホワイト」を注文した。

 

濃いコーヒーが好きだと店員さんに言ってから、

「フラットホワイト」にしようと思うと言うと、

「濃いコーヒー好きの朝にはぴったりだ」と

店員さんが言ってくれたので、

安心して注文。

(どの客のどんな選択にも、たぶん店員は同意すると思うけど)

 フラットホワイトの美味しさは、シドニーで覚えました。

ariruariru.hatenablog.com

f:id:ariruariru:20180930095805j:plain

f:id:ariruariru:20180930095831j:plain

 日本のスタバほど手際は良くない。

そんなに混んでない時間帯だが待ち時間がある。

客はカウンターで店員にいろいろ相談する。

何を飲もうか、あれはどんな味?とか。

だから注文が入るのもゆっくりだ。

 

フラットホワイトを待ちながら、

コーヒーの香りで満たされる店内で、

これも含めてスタバの魅力なんだろうなと思う。

 

日本人には、

決まりきったメニューが多い方が

向いているかもしれないが、

本当のスタバの魅力は、

きっとこの店員とのおしゃべりや、

待っている間のこの時間も。

 

コーヒーが出来上がって

名前を呼ばれる。

カップに自分の名前が書いてある、

何とも言えない気恥しさ。 

アメリカ人にはきっとこの感情、

わからないでしょう。

  

ゆったりとした気分を満喫

 

スタバ本店で買ったコーヒーを

ホテルに持ち帰って、

ゆったりとモーニングコーヒーを楽しむ。 

f:id:ariruariru:20180930104754j:plain

 朝のシアトルは夏でも肌寒い。

フラットホワイトは、

その時飲みたかった味だった。

 

ちなみにホテルの部屋には、

スタバのコーヒーが付いていた。 

f:id:ariruariru:20180930095727j:plain

f:id:ariruariru:20180930095608j:plain

 それもいただいてみたが、

やっぱり本店で朝に買った

フラットホワイトが圧倒的に美味しかった。

 

スタバを侮るなかれ。

やっぱりシアトルではスタバなのでした。 

 


にほんブログ村