「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

ハンガリー&チェコ旅「赤いトラムが走る素朴な街<ブラチスラヴァ>」

 

2011年8月

 

この夏は、ハンガリーブダペストから

チェコプラハまで、列車で移動する旅。

途中、スロバキアブラチスラヴァで途中下車。

5時間でブラチスラヴァの街の魅力を堪能できるかな。

 

赤いトラムが走る素朴な街

 

あわただしくブラチスラヴァ駅で荷物を預け、

トラムで中心地へ向かうことにした。

ブラチスラヴァでの自由な時間は約5時間。

5時間後には再びブラチスラヴァ駅からチェコ

プラハへ向かう列車に乗ることになる。

さあ楽しもう!

f:id:ariruariru:20190124213250j:plain

ブラチスラヴァは歴史の中では、

ハンガリーの一部だった時代も長い。

確かにハンガリーの雰囲気にも似ているような。

首都の喧騒と言うよりは、

のどかな地方都市という感じだ。

 

かわいらしいトラムが走っている。

クラシックなトラムがよく似合う街並み。

トラムの色はハンガリーブダペスト

黄色いトラムとは違って、かわいらしい赤。

この色はチェコと同じだ。

f:id:ariruariru:20190124213303j:plain

ブラチスラヴァは、落ち着いた色合いの建物が並ぶ街だ。

ヨーロッパらしい、ヨーロッパの街の良さを残している。

 

ブラチスラヴァの中心地へ

 

駅からトラムで中心地へ向かった。

この日は曇天。今にも雨が降ってきそうな空模様。

降らないでと思いながら、旧市街を街歩き。

美しいスロバキア国立劇場

f:id:ariruariru:20190124213312j:plain

やわらかい色合いとかわいらしい雰囲気は、

ハンガリーよりはチェコよりな感じかな。

昔はチェコスロバキアという一つの国だったので、

当然といえば当然だけど。

 

街中にはこんな像があちこちにあって、

それにちなんだパフォーマーもいる。

静かな街にくすっと笑えるような、

穏やかな時間が流れる。

f:id:ariruariru:20190124220501j:plain

 

ランチに何を食べようかな

 

ブラチスラヴァの滞在時間はそんなに長くない。

ランチの何を食べようか、迷いに迷った。

スロバキアらしいものを食べようと思って。

旧市街で手ごろなお店を発見。

f:id:ariruariru:20190124214345j:plain

スロバキア風の餃子である「ピロヒー」を注文。

上にかかっているのは羊のチーズのソース。

これがほんのり酸味があって、なかなか独特のお味。

好き嫌いはあるかもしれません。

 

まあ、餃子と言ってしまうと、日本人が思う餃子ではないので

なんかおかしい感じになるのだけど、

具を皮で包むという点では完全に餃子。

具を皮で包むという料理は、シルクロードをたどるように

ユーラシア大陸を横断しているらしい。

イタリアのラビオリも、ポーランドのピエロギも。

f:id:ariruariru:20190124214355j:plain

食後には濃いコーヒーをいただいて。

すっきり!

おいしいコーヒーが飲める国は、長く滞在できる場所。

ハンガリースロバキアチェコは長く滞在できる国だ。

さて、でもあんまり今ここに長居はしていられない。

のんびり旅するのが似合う街なのに、

残念ながら私たちには時間がない。

途中下車の旅ですから。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村