「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉の世界」に興味あり。

ハンガリー&チェコ旅「平原を静かに走る列車<ブラチスラヴァからプラハへ>」

2011年8月

この夏は、ハンガリーブダペストから列車旅。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

チェコプラハへ向かう途中、スロバキア

ブラチスラヴァで寄り道をした。

 

目次

 

再び大陸を走る列車旅へ

 ブラチスラヴァの中心地から、トラムを使って中央駅へ戻る。

預けていた荷物を受け取り、再び列車に乗り込んだ。

f:id:ariruariru:20190127103556j:plain

ブラチスラヴァはすっかり雨模様。

旅をしている時は、雨は歓迎できないけど、

ブラチスラヴァの旧市街がしっとりと

雨に洗われる光景は、とても美しくて

雨が降ってよかったとすら思った。

後ろ髪惹かれながら、ブラチスラヴァをあとにする。

5時間の途中下車はあっという間。

列車に乗り込んだのは結構ぎりぎりだった。

 

さて、ここから再び列車旅。

約4時間半の旅だ。寛いでいこう。

 

車窓からの眺めを楽しんで

 車窓からはのんびりした光景が続く。

東ヨーロッパの平原地帯をひたすら西へ。

ブラチスラヴァを離れると、雨は止んで

しばらくすると空が明るくなってきた。

f:id:ariruariru:20190127104411j:plain

ブラチスラヴァスロバキアの首都だが、

ほとんど国境沿いにある街だ。

 

オーストリアと国境を接している。

もう少しいけばオーストリアのウィーン。

この向こうにキラキラした大都市があるとは

想像もできないくらい、ただただ平原。

ぼんやりと、考えごと。

私にとっては優雅な時間の使い方。

f:id:ariruariru:20190127104351j:plain

プラハが近づいてくると、乗り込んでくる人が増えてきた。

私たちのコンパートメントも満員に。

大きな荷物を抱える私たちは、この列車旅で

荷物の置き場と防犯を危惧していたのだが、

何のことはない、こんな感じ。

f:id:ariruariru:20190127105412j:plain

座席の上にすっかり収まった。

持ち上げるのもまわりの人が手を貸してくれる。

 

大陸の列車旅は長旅が昔からつきもの。

その文化は、客室のデザインにも出ているのかな。

そして、人々の様子にも。

ヨーロッパの列車旅はノンバリアフリーだ。

大きな荷物を持つ人には、自然と助けの手がのびる。

それはだいたい若者だ。

とても自然にやってのける、その様子を見ていると

日本にはない、私にはそんなに自然にできないと

痛感させられる。

 

さあ、プラハが近づいてくる。

静かだった列車の中も徐々に活気づいてきた。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村