「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「パリのコンシェルジュリーでマリーに想いを馳せて」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

 

自称旅嫌い?の夫を連れてのフランス旅。

「旅中毒」も「自称旅嫌い?」も、

両方とも楽しめる旅にできるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

わがままな旅人向けだ。

 

目次

 

マレ地区から歩いて再びシテ島

この日は、朝からノートルダム凱旋門をまわって、

マレ地区のファラフェルでランチ。

気持ちの良い日曜日のパリをぶらぶら歩いて、

到着したのは、コンシェルジュリーだ。

またシテ島に戻ってきた。

f:id:ariruariru:20190525001623j:plain

シャンジュ橋からの眺め。

コンシェルジュリーとは、

旧王宮の司令官がいた場所のことで、

14世紀に建てられた王宮の一部の建物だ。

朝も通ったのだけど、もう一度来てみると

そんなに混んでいる様子でもなかったので

入ってみることに。

ここもミュージアムパスが使えるので、

気軽に入れる。

ミュージアムパスは本当に便利だった!

www.parismuseumpass-japon.com

f:id:ariruariru:20190525001740j:plain

ちなみに「コンシェルジュ」とは「門衛」という意味。

 

コンシェルジュリーを訪れる理由は

中に入るとこんな感じ。

広~い空間が!

f:id:ariruariru:20190525001733j:plain

床面積1800平方メートルの「憲兵の間」。

4つの広間からなる空間で、

かつては兵士たちの食堂だった場所。

 

建物ももちろん素晴らしいけど、

コンシェルジュリーを訪れる理由は

実ははっきりと決まっている。

 

それはこちら。

f:id:ariruariru:20190525001702j:plain

そう、コンシェルジュリーは、

かのマリー・アントワネット

幽閉されていた場所なのだ。

 

マリー・アントワネットに想いを馳せる

1789年フランス革命

革命後、この場所は牢獄の役割を果たした。

ここに収容され、ギロチンにかけられた者たちは

およそ2600人(!)にのぼるらしい。

 

マリー・アントワネットも、ギロチンにかけるまでの

約2か月半をここで過ごしたのだという。

実際にマリーが過ごした当時の様子が再現されていた。

f:id:ariruariru:20190525001637j:plain

急におどろおどろしい雰囲気に。

マリーを模した人形が置かれている。

f:id:ariruariru:20190525001650j:plain

こんな風に見張られていたということらしい。

f:id:ariruariru:20190525003339j:plain

他の収容者に比べれば、好待遇の幽閉だった。

でもそれまでのマリーの過ごした人生とは

天と地だっただろう。

 

独房が取り囲む中庭。

ここから断頭台に向かったのだという。

f:id:ariruariru:20190525004130j:plain

ここから馬車に乗って、コンコルド広場へ移動したのか。

約2㎞もないくらいの距離だ。

華やかできらびやかなお姫様のイメージの

マリー・アントワネット

 

彼女が本当にここに居たんだということが、

ヴェルサイユ宮殿に行くよりも

しっかりと感じられる場所だ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村