「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「大天使ミカエルを眺めながらの休憩!モン・サン・ミッシェルのお宿は?」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私の夫は、残念ながら旅が嫌いらしい。

旅が嫌いな人なんているかしら……?

私にはちょっと信じられないのだけど。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

生まれ変わろうとするモン・サン・ミッシェル

パリからTGVとバスを乗り継ぎ

到着したモン・サン・ミッシェル

ariruariru.hatenablog.com

 

パリにスーツケースを置いて、

身軽な1泊旅行だ。

バス停からシャトルバスでいよいよ島内へ!

f:id:ariruariru:20190610233850j:plain

 パリから日帰りもできる距離なのだが、

ぜひ島内に泊まってみたくてホテルを予約した。

 

訪れた当時、モン・サン・ミッシェル

昔の姿を取り戻す工事の真っ最中。

f:id:ariruariru:20190611221458j:plain

 

観光客が押し寄せる神秘の島に泊まる!

だからちょっと観光客も少ないのでは……?

と期待していたのだが、いやいやまったく

そんなことはなく……こんな感じ。

f:id:ariruariru:20190611211632j:plain

人でごったがえしているー!

 

予約したホテルは、「ラ・メール・プーラール」

という上写真のかわいらしい建物だ。

www.booking.com 

いつもお世話になるのは、booking.com

 いろいろなサイトを見てみるけど、

結局ここで予約することが多い。

 

モンサンミッシェルの島に入ってすぐのところにある

三ツ星ホテルで、島内でもっとも有名なホテルだ。

館内には過去に宿泊した有名人の写真やサインがたくさん。

老舗のホテルだ。

 

このホテル、特に有名なのは、オムレツ。

モン・サン・ミッシェル名物として知られるのが

「ラ・メール・プーラール」のオムレツなのだ。

 

もともとはモンサンミッシェルを訪れる巡礼者に

気軽に栄養のあるものをふるまうために考案された。

ホテル「ラ・メール・プーラール」のレストランで

今も食べることができ、作っているところを

見ることもできる。

f:id:ariruariru:20190611214610j:plain

写真はオムレツの生地を混ぜているところ。

今は、完全に観光名所となっている。

オムレツづくりの実演を横目に見ながら

奥へ進むと、間口の狭いホテルの入り口がある。

 

ホテルの入り口を入ると、

外の喧騒が嘘のように静かだった。

部屋へ案内される。

 

わ~!明るい!

f:id:ariruariru:20190611215502j:plain

ホテルの部屋はとても明るくて、

温かみのある設え。ホッとできそう。

f:id:ariruariru:20190611215516j:plain

移動で疲れた体をちょっと休ませて…zzz

あ、モンサンミッシェルと言えば、この赤いパッケージ。

f:id:ariruariru:20190611215552j:plain

なんどかお土産でもらったことがあったけど、

これもこのホテルのものだった。

バターたっぷりので素朴な味わい。

疲れた体にちょっと甘い地元のお菓子。

うれしいなあ。

 

ベッドに寝転がると……驚きの眺めが!

そしてベッドにゴロンとすると、

見える眺めはこんな感じ。

ベッドから修道院の塔が目の前に見える。

塔のてっぺんに光るのは大天使ミカエルだ。

ん!?

人が歩いている!!!

f:id:ariruariru:20190611215544j:plain

ベッドに寝ころびながら、目が合ってしまうほどの

距離に人がたくさん行き交っていた……。

 

実は、このホテルの奥には修道院へ向かう道に続く

裏階段のようなものがあって、

そこを観光客がたくさん通過するのだ。

 

最初はびっくりしたけど、

5分もするともう慣れっこ。

行き交う人をみながらのんびり休憩。

 

さて、私たちもいよいよ街?に

繰り出してみるとしましょうか。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村