「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「モン・サン・ミッシェルで絶品のガレット!日暮れを待ちながら」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私の夫は、残念ながら旅が嫌いらしい。

旅が嫌いな人なんているの……?

私にはちょっと信じられないのだけど。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

モン・サン・ミッシェルの日暮れを待ちながら

日が暮れていくモン・サン・ミッシェル

この日の昼に着いてから、ランチを食べて

グランド・リュを歩いて、海を眺めて。

ariruariru.hatenablog.com

 モンサンミッシェルを満喫中。

 

モンサンミッシェルで一泊する旅。

これからの時間を楽しみにしてきた。

f:id:ariruariru:20190617211442j:plain

でも夏のフランスは、まだまだ暮れない。

f:id:ariruariru:20190617211452j:plain

遮るものがない強い日差しがまだまだ降り注ぐ。

でもだんだん影が濃くなってきた。

これがシルエットになるまで、あと少し。

 

土地のものと土地のもの、最高の組み合わせ!

修道院の夜の拝観に備えて、

軽くゴハンを食べておくことに。

 

昼間に通りかかった、グランド・リュに面した

お土産屋の2階からいい匂いが漂ってきていた。

「ラ・シレーヌ」というガレットのお店へ。

f:id:ariruariru:20190617211528j:plain

ガレットとはそば粉を使ったクレープのことだ。

クレープというと日本では甘いお菓子だが、

フランスでは塩味の食事のものも種類がたくさん!

 

悩んだけどあんまりお腹は空いていなかったので、

卵とハムのガレットと、お砂糖がかかっているだけの

シンプルな甘いクレープを注文して半分こ。

どちらも美味しいー!

そしてなんといっても一緒に注文したシードル。

シードルとはリンゴからつくられるお酒だ。

昔からこの地方でよく飲まれているもの。

モンサンミッシェルのあるノルマンディー地方

リンゴが特産品にあげられる土地だ。

 

もともとブドウの栽培に適さなかったこの土地。

ワインではなくシードルが好まれて飲まれてきたのだ。

 

その土地に昔からあるものは、やっぱりベストマッチ。

塩味のガレットとシードルの組み合わせ、最高!

 

たまたま昼間に1階のお土産に入った。

お土産物屋さんの奥へ行くと、

2階から香ばしいいい香りが漂ってきた。

そのおかげで2階にクレープリーがあることに

気づいたのだ。

クレープリーへは、お土産物屋さんの奥の階段を

上がらないとたどり着かない。

グランド・リュを歩いているだけでは

きっと発見できなかったかも。

ウロウロしておいてよかった!

 

グランド・リュから見上げるとこんな感じ。

木の温かみのある外観、内装も素敵だった。

f:id:ariruariru:20190617211538j:plain

 

シルエットになるモン・サン・ミッシェルの凄み

食事を終えて、もう一度モン・サン・ミッシェル

入り口を出てふり返ってみた。

シルエットになっていくモン・サン・ミッシェル

f:id:ariruariru:20190617211552j:plain

少しモン・サン・ミッシェルから歩いてみる。

f:id:ariruariru:20190617215110j:plain

工事中のモン・サン・ミッシェル

工事が終わってしまったらもう歩けなくなる

陸地と島を結んでいる道へ。

f:id:ariruariru:20190617215118j:plain

左側には新しく架けられた橋。

あの橋のおかげで、湾内の潮の流れが取り戻される。

そして、今私たちが立っているこの道は撤去される。

ariruariru.hatenablog.com

 

今、この時、訪れたこの時にしか見れない

モン・サン・ミッシェルだ。

圧倒的な存在感でそこに在るモン・サン・ミッシェル

f:id:ariruariru:20190617215128j:plain

f:id:ariruariru:20190617215140j:plain

旅はタイミングが大切だ。

そのタイミングでしか見れないもの、感じられないもの。

旅でしか得られないものを大切にしよう。
 

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村