「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「修道院へ行く前にーモン・サン・ミッシェルー」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私の夫は、残念ながら旅が嫌いらしい。

旅が嫌いな人なんているの……?

私にはちょっと信じられないのだけど。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

この地形だからこそのモン・サン・ミッシェルだ!

青空にモクモクの雲。

ランチ後に城壁に沿った通路に出た。

モン・サン・ミッシェルの周辺は

潮の流れがとても複雑。

 

  当時は復元工事中

    ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

かつては巡礼に向かう途中で、多くの人が命を落とした。

満ちてくるときはあっという間に満ちてくる。

水を含んだ砂地に足をとられて動けなくなってしまう。

f:id:ariruariru:20190612223031j:plain

多くの人が命がけで目指したモン・サン・ミッシェル

その地形だからこそのモン・サン・ミッシェルだ。

 

その後、もう一度モン・サン・ミッシェルの全体を見たくて

島の入り口へもどった。

f:id:ariruariru:20190615221438j:plain

もう雲も晴れて完全な青空になっている。

さまざまな時代に建てられたものが

つぎはぎのように合体していて、

島全体が一つの建造物のようだ。

島の中を歩いてみて、海を眺めてみて、

あらためてこの島の、ある意味異様な形状を確認する。

 

遠くから見た時は、ミーハーが先にたち、

ウキウキした気持ちになったけど、

やはりここは修道院と教会の島。

観光客であふれかえっていても、

観光地化されていようとも、

その存在感と放つ雰囲気には圧倒されるものがあった。

 

美しさの中にもゾクッとする恐ろしさが

城壁通路に沿ってしばらく進むと、

北の塔までそんなに時間はかからない。

あっという間に到着した。

モンサンミッシェルはそんなに大きくない島だ。

周囲はたったの1㎞しかない。

 

そんな島の真ん中にそびえたっているもの!

北塔までくると、覆いかぶさるような迫力で

「ラ・メルヴェイユ」と「修道院付き教会」が。

f:id:ariruariru:20190615211734j:plain

f:id:ariruariru:20190615211812j:plain

島の真ん中にこの大きな建物がそびえたっている。

近づくとその周りは陰になる。

近づきすぎると、美しさよりも長く重い歴史を思うと

ゾクッとする恐ろしさのようなものを感じる。

 

島内を散策「サンピエール教会」へ

大混雑の修道院の中へは入らず、グランド・リュへ。

f:id:ariruariru:20190615221328j:plain

まだまだ人であふれかえっていた。

修道院へは、日帰りの観光客が帰るのを

待ってから行く計画なのだ。

夏は、日没後に夜の拝観を行っている。

19時半から始まる夜の拝観に備えて、

しばらくは島内を散策する。

f:id:ariruariru:20190615221336j:plain

修道院へ行く前に訪れたのが、

サン・ピエール教会。

修道院のふもとに佇む小さな教会だ。

入り口には、ジャンヌ・ダルクの像が。

 

f:id:ariruariru:20190615221349j:plain

内部には美しいステンドグラス。

f:id:ariruariru:20190615221405j:plain

グランド・リュの喧騒を少し外れて、

修道院へ向かう前に、ちょっと気持ちの整理を

するのにいいかもしれない。

 

そして、いよいよ島に暗闇の時間がやってくる。

大天使ミカエルだけが光り輝いていた。

f:id:ariruariru:20190615221417j:plain

私たちは、まるでこれが合図だったかのように

呼ばれるように修道院へ向かった。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村