「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「モン・サン・ミッシェルを去る日に想うこと」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

私の夫は、どうやら旅が苦手らしい。

旅好きの私にはちょっと信じられない話。

旅中毒の私と、旅が苦手な夫。

さて、どんな旅になるかな?

 

  パリの滞在はこんな感じ

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

夜のモンサンミッシェルは近未来的?! 

修道院の夜間拝観を終えて、ホテルへもどる。

 修道院の不思議の世界を出ても、

夜のモン・サン・ミッシェル

ある意味歩くだけで不思議の世界だ。

ariruariru.hatenablog.com

 

私たちのホテルはモン・サン・ミッシェルの入り口に近い。

「ラ・メール・プーラール」という快適なホテル。
www.booking.com

いつもお世話になるのは、booking.com

 いろいろなサイトを見てみるけど、

結局ここで予約することが多い。

ariruariru.hatenablog.com

 

ホテルへもどる前に、もう一度島の外へ出てみた。

ライトアップされたモン・サン・ミッシェル

f:id:ariruariru:20190622103602j:plain

昼間の姿とはまた違って、ちょっと近未来的……?

このまま空へ飛び立ってしまうのではないかと思うような。

f:id:ariruariru:20190622103612j:plain

壮大で神秘的なこの眺めに感動していると、

横では夫が「寒い!寒い!」と大騒ぎ。

 

修道院の夜間拝観で西のテラスに出た時、

確かにモン・サン・ミッシェルの夜の寒さには驚いた。

何も遮るもののない湾の孤島なのだから、

当然と言えば当然なのだけど、

パリの夜とこんなにも体感温度が違うということを

予想できていなかった。

 

確かに寒い…!

だけど、私は目の前の景色に寒さを忘れていた。

でもどうやら、旅が苦手な夫には耐えがたい模様。

ということで、しばらく強風にあおられながら

この眺めを楽しんだ後は、暖かいホテルの部屋へ退散……。

f:id:ariruariru:20190622103621j:plain

夜のモン・サン・ミッシェルはとても静か。

ホテルの部屋は静かすぎて怖いくらいだった。

ゆっくりしずかに過ごす時間もまた贅沢。

睡眠もしっかりとれた。

 

モン・サン・ミッシェルを去る日

パリから一泊二日で訪れたモン・サン・ミッシェル

翌日はもうここを去らなければならない。

ホテルの朝食もとても静かで、

まるで田舎のオーベルジュにでも来たみたいだ。

f:id:ariruariru:20190622103630j:plain

朝食後はホテルの周りを散歩。

泊まったホテルから裏階段のようなものが

続いていたのでのぼってみる。

f:id:ariruariru:20190622103644j:plain

少し海側に出てふり返ると、修道院が目の前にそびえていた。

大天使ミカエルが今日も輝いている。

f:id:ariruariru:20190622103656j:plain

f:id:ariruariru:20190622103706j:plain

 

モンサンミッシェルを訪れて想うこと

モン・サン・ミッシェルを蘇らせるための工事。

また絶対来ようと改めて決心して眺める。

f:id:ariruariru:20190622103719j:plain

モン・サン・ミッシェルはあまりにも有名な観光地だ。

世界遺産にも登録されているし、世界中の人がやってくる。

 

でもその中でも、日本人観光客の割合は群を抜いている。

日本人はモン・サン・ミッシェルが大好きだ。

私もそんな一人なのだけど、なぜそんなに好きなのだろう?

 

まず、日本人は世界遺産が大好きだ。

「肩書」に弱いところがあるのだろうか。

それから「集団心理」的な要素もあるように思う。

みんなが知っているものは見ておきたいとか、

ここは外せないというところは外したくないとか。

 

どんなお国の人もそうかもしれないけど、

日本人はその要素が、個人の趣味嗜好を

超えてしまうような気がする。

 

そんなことを言っている私ももちろん日本人なので、

やっぱり有名なものは見ておきたいし、

みんなが知っているものは知っておきたい。

旅に、ミーハー的要素は欠かせないと思う。

旅に出るきっかけや旅先を決める時、

ミーハー的要素からスタートすることが多い。

 

モン・サン・ミッシェル訪れて、

そんなことを考えた。

 

特に今回の旅で印象深かったのは、

モン・サン・ミッシェル

大工事中だったということだ。

f:id:ariruariru:20190622103731j:plain

f:id:ariruariru:20190622103745j:plain

f:id:ariruariru:20190622103756j:plain

今、この時にしか見れないモン・サン・ミッシェル

今、訪れることに意味があったのだと思った。

旅の醍醐味を思い出させてくれる旅。

 

モン・サン・ミッシェルは、

ただ美しいだけの島じゃないし、

観光地化されて残念になった世界遺産でもない。

 

存在感たっぷりに堂々と、

神様の宿る島の雰囲気を今も保ち続け、

世界中の観光客を受け入れつつも、

また新しい形に変わっていこうとする場所だった。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村