「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「のんびりパリの街歩き!オリジナリティあふれる美術館の数々へ」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

私の夫は、どうやら旅が苦手らしい。

旅好きの私にはちょっと信じられない話。

旅中毒の私と、旅が苦手な夫。

さて、どんな旅になるかな?

 

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

 

お散歩するパリ!ブーランジェリーで簡単ランチ

泊まっているホテルは、カルチェ・ラタンにある。

「デラヴィーニュ」というホテル。

ariruariru.hatenablog.com

 よくお世話になっているサイトはこちらのbooking.com

結局このサイトがお安くて使いやすい。

風が気持ちの良い涼しい日、

ホテルからぶらぶら歩いてみた。

サンジェルマン大通りからセーヌ川沿いへ。

 

途中、いい匂いがしてきたと思ったら、

地元の人でにぎわうブーランジェリーを発見

ちょうどお昼時にさしかかろうとするころ。

入ってみるともう品薄状態?人気店かな?

f:id:ariruariru:20190623141349j:plain

キッシュとパンピザ?的なものを購入。

温めてもらって、セーヌ川沿いの公園で食べる。

f:id:ariruariru:20190623141358j:plain

比較的涼しいこの日。セーヌ川沿いの公園には

のんびり散歩を楽しむ人などがゆったりと過ごしている。

 

不意に見えたらうれしくなる!エッフェル塔の眺め!

そのまま歩いて、ケ・ブランリー・ジャック・シラク美術館。

美術館には入らなかったが、

ここから見えたエッフェル塔が素敵だった。

f:id:ariruariru:20190623135449j:plain

f:id:ariruariru:20190623135500j:plain

美術館自体の建築も素晴らしくて、モダンな感じ。

 

エッフェル塔が見えたらうれしくなる

パリの街歩き。角度的にここから見えるかな?と

路地を覗き込んでみたり、不意に見えたら

ラッキー!みたいな気持ちになる。

 

訪れたい美術館がいっぱい!オランジュリー美術館へ

コンコルドまでメトロで移動。

駅を出ると目の前に広がるのがコンコルド広場。

ここが、フランス革命後にルイ16世

マリーアントワネットが処刑された広場だ。

f:id:ariruariru:20190623143100j:plain

コンコルド広場からチュイルリー公園へ入る。

かつてルーヴル宮殿の西側にあったチュイルリー宮の

庭園として整備されたが、現在は公園となっている。

f:id:ariruariru:20190623103602j:plain

チュイルリー公園の西の端にあるのが、

こちらのオランジュリー美術館。

元々はオレンジを保管した倉庫だったとか。

f:id:ariruariru:20190623103610j:plain

オランジュリー美術館と言えばモネの「睡蓮」だ。

二十数年前に一度訪れたきり、久しぶりにやってきた。

二十数年前に訪れた時は、「睡蓮」の規模の大きさに圧倒され、

どれくらいぼんやり眺めていたのか、

気づけば時間が経っていてびっくりした覚えがある。

 

昔とはずいぶん印象が変わっていたが、

壮観ともいえる睡蓮は健在だった。

f:id:ariruariru:20190623144547j:plain

ただ、人が多くてゆっくりじっくり楽しむと

いうわけにはいかなかった。

そこは残念だけど、観光シーズン真っただ中。

致し方ない。

 

やっと来れた!マルモッタン・モネ美術館!

パリの西側には、ブーローニュの森が広がっている。

そのすぐ脇の閑静な住宅地に佇む美術館がある。

それがマルモッタン・モネ美術館だ。

f:id:ariruariru:20190623143144j:plain

メトロの「la Muette」駅を出て西へ歩く。

思わず、前を通り過ぎてしまいそうな美術館。

一度は行ってみたいと思いつつ、

なかなか来れなかった美術館。

美術史家のマルモッタン氏の邸宅が

そのまま美術館になっている。

 

どうしても一度は見ておきたかった!

モネの「印象、日の出」

f:id:ariruariru:20190623145321j:plain

 

これが印象派の始まりなのだ。

ここから数々の印象派の作品と画家が生みだされた

きっかけとなった作品。

印象派」という名称もここからきている。

 

パリの美術館はオリジナリティあふれるものばかり。

美術館だけをめぐる旅にゆっくり来てみたい。

そんな贅沢な旅はなかなか難しいから、

来るたびにちょっとずつ、かいつまむように訪れる。

 

美術に興味のない夫は、とっても暇そうだけど。

まあ、しかたない。ちょっとは付き合ってちょうだい。

だってここは、何といってもパリなんだからね。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村