「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

南イタリア旅「とんがり屋根の世界 アルベロベッロへ」

 

2008年7月

 

この夏はイタリア南部の旅へ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

西海岸に面したナポリを拠点にして各地を巡る。

この日は早朝にナポリをバスで出発して

世界遺産の街マテーラへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

マテーラで昼食をとってから、

電車でアルベロベッロをめざした。

マテーラからまずはバーリへ。

バーリでこの電車に乗り換える。

 

https://www.instagram.com/p/BsF9b_zA3u1/

マテーラからバーリで電車を乗り換えて、

アルベロベッロを目指す。

このローカル感がたまらない。

 

バーリは南イタリアの玄関口の都市。

アルベロベッロへの列車は

スド・エスト線というローカル線。

これがなかなか難しい!

バーリ中央駅は、私鉄も乗り入れる大規模駅。

地下通路を通ってそれぞれのホームへ出るのだが、

スド・エスト線は他のホームよりも短くて、

たまたま私たちが通ろうとした地下通路が

スド・エスト線のホームにつながっていなかったり。

ちょっとしたパニック!

でもこういうことは旅にはよくあること。

よーく周りを見渡して、人の動きを見る!

これで別に地下通路があることがわかった。

何事も焦ってはいけません。

というわけで無事に乗車。

 

 

ローカル列車でアルベロベッロ

 

バーリから1時間半。

静かなアルベロベッロ駅に到着した。

列車はエアコンなしのローカル線。

なかなか暑い南イタリアの夏。

到着してホッと一息つく。

 

f:id:ariruariru:20190102224455j:plain

 

アルベロベッロの駅舎。

駅舎ということがわからないほどシンプル。

駅前には小さなバールがあるくらいで、

駅も駅前もとても静かだ。

アルベロベッロ世界遺産の街だが

落ち着いてのんびり滞在できそうな街という印象だ。

 

丘の上にあるアルベロベッロは、

トゥルッリと呼ばれる特徴的な形の家々が

旧市街に多く残る街。

 

アルベロベッロに滞在するなら

昔ながらのトゥルッリに泊まってみたくて

ネットで探したトゥルッリのレンタルを行う

地元の旅行会社を見つけた。

駅から歩いてその旅行会社へ。

担当者と一緒にレンタルするトゥルッリへ

歩いて10分ほど移動する。

 

https://www.instagram.com/p/Bq2KxSMA7kW/

とんがり屋根に眩しい日射し。

昔ながらの建物に、年代がズレたクラシックカー。

ちぐはぐなような、融合しているような。

 

旧市街に入り、トゥルッリ群が並ぶエリアへ。

どことなくかわいらしくて

おとぎの国にでも迷い込んだよう。

レンタルした家に入ると、

夏なのにひんやりしている。

 

f:id:ariruariru:20190108222631j:plain 

玄関を入って階段を数段降りる。

半地下のような空間が広がっている。

家の中は想像以上に広くて天井が高い。

 

f:id:ariruariru:20190102225711j:plain

 

窓を開けると、お隣さんのトゥルッリが。

白い色は夏の強い陽射しを反射させるため。

 

トゥルッリの屋根は、石を積み上げただけでできている。

昔、貧しかったこの地域では、

税の取り立てなどを免れるために

すぐに壊せる屋根をつくったのだとか。

とはいっても、現在はこのトゥルッリを作る

技術をもった大工は少なくなり、

技術を継承することは難しいそうだ。

 

何度見ても不思議。

なぜこれで雨漏りしないんだろう?

本当にすごい技術だ。

旧市街にはトゥルッリが建ち並ぶ通りがある。

でもその通りのトゥルッリはお土産物屋さんや

レストランなどになっていることが多い。

 

レンタルしたトゥルッリの周辺は住宅地で

家の玄関で涼んでいるご婦人がいたり、

ご近所さんの井戸端会議があったり、

観光地アルベロベッロだけど

泊まってみなければわからないことが

たくさん味わえた。

 

f:id:ariruariru:20190102230643j:plain

 

満たされるアルベロベッロ滞在が始まる。

のんびり街を歩いてみよう。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村