「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

イタリア・ミラノ旅「素朴で神秘的!ミラノのサンタンブロージョ聖堂をひっそりと静かに」

 2011年8月

 

この夏は、ハンガリーブダペストから

チェコプラハに列車で移動する旅。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 その後は、イタリアのミラノにちょっと寄り道中。

 

目次

便利な安全な?地下鉄に乗って

ミラノは大都会。縦横無尽に地下鉄が走る。

基本的にどの駅も電車もきれいで安全だ。

f:id:ariruariru:20190303172455j:plain

f:id:ariruariru:20190303172459j:plain

降りるときはボタンを押さないと開かない。

これはヨーロッパではよくあるタイプ。

f:id:ariruariru:20190303172509j:plain

明るくて安全なミラノの地下鉄だが、

ちょうど乗り合わせた車両で、日本人らしき人が

カメラをすられる瞬間に遭遇してしまった。

駅に到着してドアが開き、もうすぐ閉まるという

タイミングでカメラをさっと奪って、犯人は

電車を降り逃走。「あ!」という間に扉が閉まってしまった。

安全とは言え、軽犯罪の数は日本よりずっと多いイタリア。

気を付けなければ。

 

歴史的なサンタンブロージョ聖堂へ

地下鉄に乗って訪れた場所は、サンタンブロージョ聖堂。

サンタンブロージョ駅で下車して5分ほど歩く。

f:id:ariruariru:20190303172537j:plain

ミラノの守護聖人であるアンブロージョをまつる最古の聖堂。

386年にアンブロージョ自身が建てたものを、

9~11世紀に再建したもの。

 

シエスタの時間を避けて15時半に訪れた。

が、開いていない。あれ?今日はもしかして閉まっているのかと

不安になりながら十数分待っていると、

鍵をもったおばあちゃんがゆっくりゆっくり歩いてきた。

f:id:ariruariru:20190303172545j:plain

大都会ミラノの中心地にいることを忘れるくらい静か。

そしてひんやりしている。

f:id:ariruariru:20190303172555j:plain

内部は3身廊のシンプルなつくり。

年代を感じる。

f:id:ariruariru:20190303172605j:plain

ふと脇の柱に目を奪われる。

f:id:ariruariru:20190303172618j:plain

主祭壇部分は、ロンバルディアビザンチン様式の

色彩と漆喰で飾られた祭壇天蓋が載る。

f:id:ariruariru:20190303172636j:plain

f:id:ariruariru:20190303172645j:plain

ミラノに来たのだから、ミラノの守護聖人にご挨拶。

ひっそりとしたちょっと寂れたような雰囲気は

現代的でおしゃれなミラノの歴史を垣間見るようだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村