「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「バルセロナの旧市街を歩く!カテドラルの重厚感を存分に見よ!」

2012年8月

 

この夏は、久しぶりのスペイン一人旅へ。

マドリッドを拠点に、アンダルシア地方の

グラナダコルドバを訪れ、その後はトレドへ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 後ろ髪惹かれながらトレドに別れを告げ、

旅の最終地バルセロナに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

スペインの中で、自分がどうしても

行きたいところだけをつまみ食いするような旅。

そんな私の旅に欠かせないのが「地球の歩き方」だ。

これがないと心配。いつも旅の相棒だ。

(今年も買ってしまいました。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/6時点)

 他のガイドブックを買ってみようかなと思った時もあったし、

昨今は紙のガイドブックはもう要らない?と思ったりも。

内容が薄くて、「おい!」と思うこともあるけど、

でも、やっぱり「地球の歩き方」は偉い!

旅好きのためのガイドブックだと思う。 

地球の歩き方」なしでは本当に歩けません。

 

 目次

 

バルセロナのディープな旧市街で迷子になろう!

バルセロナの街は、新市街と旧市街から成っている。

どこが旧市街なのかはとてもわかりやすい。

新市街は、サグラダ・ファミリアがある場所のように

一区画がきれいな正方形の形をしている。

通りはまっすぐで、上から見ると方眼紙のようだ。

 

そんな新市街と対照的なのが旧市街。

道がくねくね、ごちゃごちゃしているところが旧市街だ。

迷子になったら旧市街ということ(?)。

   地図を見ればすぐにわかります。

        ↓
www.google.co.jp

 

そんな旧市街の中でももっとも古いのがゴシック地区。

古くはローマ時代に起源をもつという。

 

ゴシック地区には、13~14世紀の建物が普通に並んでいる。

その中心がカテドラル。バルセロナ守護聖人である

サンタ・エウラリアが祀られている教会だ。

カタルーニャ広場から南東の通りに入ると、

通りは一気に複雑になってくる。

 

左手にピカソの壁画が見えると、奥にはカテドラルの塔が。

f:id:ariruariru:20190427182547j:plain

 何気なく通り過ぎそうになるが、

このピカソの壁画もなかなかのみどころ。

カタルーニャ建築家協会が制作したものらしい。

 

ピカソはスペインのマラガに生まれ、

フランスで画家活動を行った。

それは知っていたのだが、フランスに赴く前、

バルセロナで10代の多感な時期を過ごしたそうだ。

フランスのパリにあるピカソ美術館は訪れたことがあるが、

バルセロナ旧以外にもピカソ美術館がある。

 

ピカソバルセロナに滞在した時期、

それはちょうどバルセロナモデルニスモ

盛り上がっている時期だった。

1881年生まれのピカソ

1850年生まれのモンタネール。

1852年のガウディ。

この旧市街で、すれ違ったりしていたのだろうか。

 

バルセロナのカテドラル、この重厚感を見よ!

カテドラルへ向かう。

建物の隙間が道だという感じ。

建物を縫うように進んでいく。

f:id:ariruariru:20190427183827j:plain

バルセロナが隆盛を極めた13~15世紀に建てられたカテドラル。

現在の姿になったのは20世紀になってからだという。

150年もの間、形を変えながら造り続けられた建造物。

造られた時代によって、石の色も変化している。

 

正面のファザードは比較的新しい感じ。

ザ・ゴシック!

f:id:ariruariru:20190427183919j:plain

中に入ってみる。

無料で入ることができるのがうれしいところ。

(現在は、無料の時間と有料の時間がある模様。)

 

扉を入ってびっくり!何?この重厚感!

 

f:id:ariruariru:20190427183843j:plain

 内部はカタルーニャゴシック様式の聖堂だ。

簡単に歩を進めることを躊躇う雰囲気。

 

この日の午前中にサグラダ・ファミリア聖堂を見てきた。

軽やかで人々が憩う場という雰囲気だった。

そして、こちらのカテドラルは、全然違う!

重々しく、荘厳という言葉がぴったりの祈りの場だ。

 

この天井や柱の美しさを見よ!

f:id:ariruariru:20190427183859j:plain

f:id:ariruariru:20190427183853j:plain

f:id:ariruariru:20190427183910j:plain

内部にいる間、息を止めてしまうような。

圧倒されっぱなしだった。

 

カテドラルの裏手の路地は、ひっそりそしていて

カテドラルの趣ををそのままに。

f:id:ariruariru:20190427183942j:plain

カテドラルの周りをぐるっとまわってみた。

広場からみるファザードも素晴らしいけど、

ゴシック地区にギュッと詰め込まれた街の雰囲気が魅力的。

f:id:ariruariru:20190427183954j:plain

 バルセロナの旧市街は歩かなきゃもったいない!

路地のすべてを網羅したい衝動に駆られる。

 

バルセロナサグラダ・ファミリアの街なんてとんでもない。

バルセロナは、サグラダ・ファミリアある街だった。

 

 

乾燥したヨーロッパの夏の旅。愛用中です。 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村