「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

イタリア・ミラノ旅「コモ湖へ遠足?新鮮な山の空気を満喫しよう」

2011年8月

 この夏は、ハンガリーブダペストから

チェコプラハへ列車で移動する旅。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 その後、イタリアのミラノでしばらくの滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 イタリアのミラノは都会的だけど、

イタリアらしい風情がちゃんとあって魅力的な街だ。

 

目次

大都会ミラノから避暑地コモ湖

ミラノでの数日の滞在。

ブランドショップなどにあまり関心がない私は、

ちょっと遠出をしたくなった。

私たちが遠足先に選んだのはコモ湖

コモ湖とは、イタリアのロンバルディア州北部にある

アルプスのふもとに位置する湖のことで

その一帯は世界的に有名な保養地として発展している。

暑いミラノの夏からひと時の避暑へ向かう。

 

まずはミラノの中央駅へ。

ここからコモ湖一帯の中心都市であるコモへは

約30分の列車旅だ。

ミラノ中央駅は、荘厳な昔ながらの外観を残しつつ、

内部は見事に近代的な様式になっている。

新旧のバランスがすばらしいなと感心する。

f:id:ariruariru:20190324100957j:plain

f:id:ariruariru:20190324101008j:plain

私たちが乗り込んだ列車は、インターシティ

通称ICと呼ばれている列車だ。

ICとはイタリア鉄道の特急電車のこと。

乗った電車は、スイスのチューリッヒ行きだった。

ヨーロッパでは国境を超えるなんて簡単なことだと

あらためて思う。もし電車で寝過ごしてしまったら

違う国に行っちゃうんだ。

などと感嘆に耽っていたらあっという間にコモに到着。

 

コモ湖の中心都市  コモの街

予定通り30分ほどでコモへ。

f:id:ariruariru:20190324101019j:plain

イタリア国鉄の駅、コモ・サン・ジョバンニ駅に到着した。

ここから湖畔の中心地へは徒歩10分程度だ。

駅を降りると、もう視界には山が見えている。

 

ミラノからは私鉄でもコモ湖へ行くことができる。

その場合は、ミラノ北駅から乗って湖畔のコモ駅へ到着する。

私たちは散策を楽しみながら、湖へ。

f:id:ariruariru:20190324101032j:plain

まだ午前中の静かなコモの街。

清々しくて気持ちよい。

ミラノよりもいくぶん涼しく、山の気候という感じ。

しばらく歩くと、コモ湖へ出た。

 

歴史的な保養地のコモは納得の気もち良さ

f:id:ariruariru:20190324101040j:plain

湖畔沿いのラリオ通り。コモの街はコモ湖の南端に位置している。

コモ湖は「人」という漢字の形をしていて、

コモはちょうど「人」の一画目をはらったところ。

湖畔の山にへばりつくように建物が並ぶ風景が印象的だ。

f:id:ariruariru:20190324104058j:plain

昔ながらの保養地なので、古くひなびた風情もあるが

近代的でおしゃれなミラノの雰囲気もある。

また、世界的にも有名な保養地だけあって

スイスの国際都市のようなオープンな雰囲気も。

f:id:ariruariru:20190324104040j:plain

山の上には雲(霧?)がかかっていて、

いかにも山間の空気が感じられる。

 

のんびりしにコモ湖へ来たのだけど、

どうしても欲張り根性が顔を出してしまう。

山の上が気になってしかたない私たちなのであった。

 

過去のイタリア旅はこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村