「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「ポン・ヌフの夕景に感動!ルーヴルのピラミッドがいざなう色を失うパリ」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

最古で最新の橋?ポンヌフの夕景を楽しむ!

セーヌ川界隈を歩いて、パリの夕景を楽しむ。 

ポン・デ・ザールから移動して、

次はポン・ヌフへ。

f:id:ariruariru:20190601224441j:plain

ポン・ヌフは、シテ島の西に架かる橋。

ポン・ヌフとは、フランス語で新しい橋の意味だが、

完成したのは1604年で、今では現存するものとしては

パリで最古の橋になっている。

パリの歴史を感じる橋の名前だ。

向こうに見えるのがポン・デ・ザール(芸術橋)。

セーヌ川に架かる橋はどれも個性的で、

それを見るだけでも一日過ごせそうだ。

 

この日の朝と同じ場所から。

朝の眺めはこちら。

   ↓

f:id:ariruariru:20190506215835j:plain

パリど真ん中を何度も歩いたこの日。

夕陽を見送るのはこの場所だ。

f:id:ariruariru:20190601224459j:plain

f:id:ariruariru:20190601224530j:plain

パリの街がシルエットになっていく。

夕陽は世界のどこで見ても美しいに違いないけど、

ポン・ヌフから見送った夕日は格別だった。

 

夜のルーヴルはぞくっとするような美しさに

美しいパリの街に暗闇がやってくる直前、

歩いてやってきたのはルーヴル美術館

世界にその名を知られる有名すぎる美術館だが、

もともとは宮殿として使われていた建物。

建築物を眺めるだけでも素晴らしい。

 

アーチの向こうに、ルーヴルのガラスのピラミッドが。

f:id:ariruariru:20190601224701j:plain

ルーヴルのガラスのピラミッドは、

今から30年前の1989年に完成したものだ。

今ではすっかりルーヴルのシンボルとなっている。

 

この組み合わせ。勇気あるな。

今ではすっかり見慣れてしまったが、

歴史的建造物に囲まれた空間にガラスのピラミッドという

この眺め、初めて見た時には合成写真かと思った。

f:id:ariruariru:20190601224719j:plain

だんだん空が色を失っていく時間。

ガラスのピラミッドに周辺には人が結構集まっている。

 

懐かしさもあるチュイルリーとカルーゼル凱旋門

ルーヴル宮の西側にはかつてチュイルリー宮があった。

現在は、チュイルリー公園となっている。

このガラスのピラミッドから、西へまっすぐいくと

コンコルド広場、シャンゼリゼ通り、そして凱旋門へと続く。

f:id:ariruariru:20190601224615j:plain

そして、チュイルリー公園の東側に建つのが、

このカルーゼル凱旋門だ。

f:id:ariruariru:20190601224648j:plain
ナポレオンのために建てられた凱旋門

その大きさにナポレオンが満足しなかったため、

 新しく作り直されたのが現在のあの有名な凱旋門だ。

 

 この日の朝に行きました。

       ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

 カルーゼル凱旋門も充分立派!

門からチュールリー公園を眺めるのが好きだ。

 

初めてパリを訪れた学生時代、

なぜだかチュイルリー公園のそばのホテルに滞在した。

シーズンオフだったからか、安く泊まれたのだ。

毎日のように通ったチュイルリー周辺。

その当時よりもずいぶんきれいになった公園だが、

やっぱり思い出深いものだ。

 

まだ携帯もない時代、穴のあくほど地図を見て、

毎日足が筋肉痛になるまで歩いたパリの街。

その当時の自分がその辺を歩いているような気がする。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村