「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクから日帰り旅!おとぎの国ブレーメンのシュノーア地区へ迷い込む」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

 (いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

マイセン製の鐘が時を奏でるメルヘンの街!

ドイツ最大の港町ハンブルグから、電車で1時間ほど。

この日は、日帰りで訪れることのできる

ブレーメンの街へやってきた。

 

駅を出て、10分ほど歩けば街の中心マルクト広場。

のびやかで美しいこの広場から街歩きを始めてみる。

マルクト広場の南側にベットヒャー通りという素敵な道がある。

こちらは通りの入り口。目立つのでわかりやすい!

f:id:ariruariru:20190814183704j:plain

この通りは、コーヒー商人のロゼリウスという人が

中世の街並みを再現しようとつくった通りなのだ。

実は100mにも満たない短い小径なのだが、

わくわくするような雰囲気に満ちていて、

行ったり来たりしてしまう道。

 

狭い小径には雰囲気の良いカフェやブティック、

映画館、劇場、美術館、ガラス細工などのアトリエや

なんとカジノまである。

一軒一軒、ほとんどんのお店に入ってみた。

そのどれもに共通するのが、センスがいい!ってこと。

 

小径の奥に素敵なお家がある。

ご婦人が指さす方を見上げると……

f:id:ariruariru:20190814183719j:plain

屋根と屋根の間には、小さい鐘がたくさん!

なんとあの鐘、マイセン製の磁器でできているのだ。

グロケンシュピールといって、毎正時に軽やかな音を奏でる。

なんて素敵な街!

f:id:ariruariru:20190814183728j:plain

この小路を行ったり来たりしているのは、

どうやら私たちだけではないようで。

同じ人と何度もすれ違う通りだった。

 

目が覚めるような夢の世界?!シュノーア地区へ

旧市街の南東に古い街並みが残る地区がある。

ブレーメンの旧市街にある現在の建物の多くは

15~16世紀のもので、もともとは裕福な人々の家だったが、

現在は職人たちの住まいやアトリエなどになっている建物が多い。

シュノーア地区の教会。レンガが美しい。

f:id:ariruariru:20190814183742j:plain

教会の脇を通り過ぎると、わ!素敵な街!

かわいい木組みの家が路地の両側にならんでいるー!

f:id:ariruariru:20190814183937j:plain

アクセサリーショップやお土産店もあるが、

工房のような使い方をしている建物も多くある。

本当に職人の街として機能しているようだ。

にしても、なんてかわいらしい街なんでしょう!

映画の撮影セットみたい。

f:id:ariruariru:20190814183810j:plain

路地を適当に歩き回ると、次々にかわいらしい路地にでる。

手作り感あふれる商品が並ぶお店でお土産を買ったりして、

のんびり街歩きを楽しむ。

f:id:ariruariru:20190814183827j:plain

あ!ここにもありました!「ブレーメンの音楽隊」!

こちらは色付きでよりメルヘンな感じ。

f:id:ariruariru:20190814183839j:plain

絵本の世界、夢の世界をうろうろしている気分。

シュノーア地区は、目が覚めるような夢の世界が広がっていた。

 

おとぎの国の歴史あるレストランへ入ってみた!

さて、街歩きの後はそろそろお腹が空いてきた。

市庁舎の地下にある1405年の歴史あるレストランへ行ってみた。

「ブレーマー・ラーツケラー」というレストラン。

f:id:ariruariru:20190814205304j:plain

市庁舎の西側、工事中の足場をくぐるように階段を下りる。

地下にすごい広い空間が広がっていてびっくり!

f:id:ariruariru:20190814205349j:plain

こちらでランチをいただいた。

お肉のタルタルとペンネプッタネスカを注文。

f:id:ariruariru:20190814205359j:plain

ちなみにプッタネスカといってもイタリア料理とは大違い。

イタリア料理でプッタネスカといえば、

ケッパーやオリーブが入った酸味のあるトマトソースだが、

こちらはトマトソースではなく、味の濃いトマトそのものが入っている。

ケッパーもオリーブもそれぞれに味がついている。

ドイツ料理らしく、がっちりしたお味だった。

材料は同じ、トマト・ケッパー・オリーブなんだけど……。

 

お国や土地柄が変わればいろんなことが違うものだ。

それが旅のおもしろいところ。

お腹も満たされた後、もう少し、ブレーメンを歩いてみる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村