「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクから日帰り旅へ!ブレーメンの聖ペトリ教会の光がやさしく包み込む」

2016年8月

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

子どもも大人も夢中なブレーメン!再びマルクト広場!

ドイツ最大の港町ハンブルグから、電車で1時間ほど。

この日は、日帰りで訪れることのできる

ブレーメンの街へやってきた。

 

午前中にブレーメンに到着して、

マルクト広場、ベットヒャー通りを歩いて、

シュノーア地区をウロウロして、

市庁舎の地下にある歴史あるレストランでランチした後、

もう一度マルクト広場へ出てみる。

f:id:ariruariru:20190815104502j:plain

f:id:ariruariru:20190814212609j:plain

広場に面してレストランやカフェのテラス席が出ている。

気持ちの良い夏の午後。広場は静かでのんびりしている。

 

マルクト広場をうろうろしていると、

とあるマンホールを見つけた。

人々が覗き込むマンホールからは、なにやら音は聞こえてくる。

f:id:ariruariru:20190814212743j:plain

実はこのマンホール。ただのマンホールではない。

マンホールの真ん中にコインを入れる口がある。

これは「ブレーメンの穴」と呼ばれる、

いうならば地下埋め込み式の募金箱という感じ?

深さは90cmぐらいあるらしい。

コインを入れるとロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの泣き声が

聴こえてくるのだ。まさに「ブレーメンの音楽隊」!

お子ちゃまはみんな夢中!

f:id:ariruariru:20190814212830j:plain

夢中なのはお子ちゃまだけでなく大人も!

実は、4匹の鳴き声を全部聴こうとすると、

4回続けてコインを投入しないといけない。

しかも、アットランダムに動物が鳴くので

このお姉さんのように、コインを入れ続けることに。

(このかわいいお姉さんは結局10枚くらいのコインを投入していた……)

 

 古くて新しい!ブレーメンの魅力

ハンブルクから訪れたブレーメン

ハンブルクでは駅前のホテルに泊まっていた。

どこへ行くにもハンブルク中央駅を通る。

駅周辺の喧騒は活気があって、いかにも交通の要衝という感じ。

そんなハンブルクから電車で1時間のブレーメンは、

静かで落ち着いた、とても過ごしやすい街だった。

 

私たちは利用しなかったが、広場を通り過ぎるトラム。

こんな歴史的な広場や建物の風景に入り込んでくる、

現代的でスタイリッシュなトラム。

ミスマッチなようでマッチしている。

f:id:ariruariru:20190814213010j:plain

 トラムは観光客用ではなく、生活のためのもの。

ブレーメンとその近郊は、自転車道の整備も進んでいるらしい。

整備されていて、暮らしやすそうな街だなぁという印象だ。

古いものは大切にして残す。

それは自由都市として栄えたこの街のシンボルであり誇りだから。

でも、街に暮らす人々ともに、新しく発展していく。

マルクト広場に滑り込んでくるトラムを見て、

街の発展の歴史を考えさせられた。

 

巨大な聖ペトリ教会!内部は温かみ溢れる教会だった!

マルクト広場の南東に建つのが聖ペトリ教会。

この写真の奥に見えている大きな塔は教会のもの。

f:id:ariruariru:20190814212514j:plain

 大きい!二つの塔が空にニョキっと浮き上がるよう。

1042年に建設が始まり、もっとも古い部分は地下クリプタだそうだ。

f:id:ariruariru:20190814212657j:plain

この大きい教会のすぐ横をトラムが走っていく。

トラムがおもちゃみたいに見える。この教会の大きいこと!!

f:id:ariruariru:20190814212631j:plain

2本の塔が印象的な聖ペトリ教会の内部へ入ってみた。

おや?荘厳な外観とは少し違う印象かも。

内部は温かみのあるやわらかい雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20190814212859j:plain

みごとな装飾に光が降る注ぐ窓。

「息をのむ」というより、ホッとする空間。

f:id:ariruariru:20190814212909j:plain

そして見事なステンドグラス!

f:id:ariruariru:20190814214457j:plain

聖ペトリ教会には、内部にドーム博物館がある。

塔にも登ることができる。(冬季は登れない。)

ミイラが安置されているクリプタにも入ることができる。

これらは有料だが、教会の内部へ入るのは無料だ。

これだけでも十分に価値のある教会だと思った。

 

聖ペトリ教会の内部の雰囲気は、

ブレーメンの街の雰囲気をよくあらわしている。

 

ブレーメンの美しい街並みや雰囲気は、

自由ハンザ都市として栄えた雰囲気を

そのまま残しているように思った。

どこかちょっと余裕のあるブレーメン

ハンブルクの喧騒にちょっと疲れたら、

1時間電車に揺られて訪れたい街だ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村