「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

ちょこっとフィンランド&クロアチア旅「アドリア海の真珠ドゥブロヴニクへ!ホテルは何もかもが、ちょうどよい!」

旅に出られる日を恋しく思いながら、

過去旅の復習をしています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2014年8月

この夏は、友人と2人でヨーロッパへ。

突然思いたった行き先は、クロアチアドゥブロヴニク

まだまだ少ない情報を頼りにヨーロッパをわがままに歩く。 

経由地のヘルシンキから、ドゥブロヴニク

 

目次

空から見るドゥブロヴニク

乗り継ぎ便の時間がうまく合わないことを利用して、

ヘルシンキ空港で一泊し、弾丸観光を決行。

 

 弾丸ヘルシンキの様子はこちら

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

翌日の午前便で、ヘルシンキを出発し、

ドゥブロヴニクへの3時間の空の旅に出た。

 

飛行機からは、夏らしい綿あめのような雲が。

f:id:ariruariru:20200628163752j:plain

3時間の空の旅の終盤は、美しい山の稜線。

豊かなバルカン半島が見えてきた。

f:id:ariruariru:20200628163757j:plain

そして、上空からはっきりと確認できる

ドゥブロヴニクの旧市街!

f:id:ariruariru:20200628163804j:plain

まさに「アドリア海の真珠」!

魔女の宅急便」の世界が広がっている。

この光景を見下ろした興奮が冷める間もなく、

小さなドゥブロヴニクの空港へ到着した。

 

ドゥブロヴニクのホテルは?

時刻は午前10時すぎ。

空港からバスに乗り、旧市街の西側入り口に降り立った。

門前の広場はすごい人でごったがえしている。

 

予約しているホテルは、旧市街の東側。

普段なら十分歩ける距離だが、

スーツケースを持っているので、

バスを降りた広場からタクシーに乗った。

タクシーだとすぐだった。

 

こちらが泊まったホテル、

「グランド・ヴィラ・アルジェンティーナ」

f:id:ariruariru:20200628163812j:plain

高級リゾート!とまではいかないが、

四つ星のなかなか使い勝手の良いホテルだった。

 

ドゥブロヴニククロアチア屈指の観光地、

それにもまして近年はリゾート地として

ヨーロッパ域内からの人気が高いので、

年々物価が高騰しているもよう。

ホテル選びもなかなかむずかしかった。

 

私には、ちょうどよいホテル!

ホテルにはプールもあって、

ビーチはないが海にも入ることができる。

しかも、旧市街をのぞむこともできる立地。

ちょうどよい。

f:id:ariruariru:20200628163842j:plain

旧市街まで歩いて10分。これもまたちょうどよい。

 

上階だとお部屋にテラスが付いていて、

テラスからの眺めがよいのだが、

私たちは少し節約の中階で。

お値段的にも、ちょうどよかった。

 

どの階に泊まってもプールは入り放題だし、

朝食をいただいたレストランのテラスからは

旧市街が毎朝美しくのぞめたし、

言うことなしだった。

 

ドゥブロヴニク人気は天井知らずと予想

滞在してみて分かったことは、

ドゥブロヴニクはとても魅力的な場所だということ。

 

美しい海があって、リゾートとして完璧なのに、

旧市街の街歩きという楽しみもある。

素朴だけど豪快な、海の幸の食事もある。

f:id:ariruariru:20200628171053j:plain

(旧市街の目抜き通り「プラツァ通り」。いつ歩いても素敵。)

f:id:ariruariru:20200628171103j:plain

(バニェビーチには人があふれている。庶民的なビーチリゾートの雰囲気。)


かつて、戦争でボロボロになった街が

美しくよみがえった姿を眺めるという

感慨も味わうことができる。

 

欲張りな旅先であること間違いなし。

 

2014年に私たちが訪れた時、

もちろん、すでに人気の観光地ではあったが、

まだ日本人は少なかったように思う。

 

あぁ、また行きたい!

タイミングを見計らって。

 

(次回、ドゥブロヴニク街歩きへ続く)

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ